詳細検索はこちら

高島 拓哉たかしま たくや

所属部署名経済学部
職名准教授
 

教員情報

所属等

    経済学部准教授

氏名

    高島 拓哉, たかしま たくや

取得学位(1)

  • 社会学博士, 立命館大学, 1992年03月

教育の業績

授業担当実績

  • 2007年, 学部, 都市経営論Ⅰ
  • 2007年, 学部, 都市経営論Ⅱ
  • 2007年, 学部, 地域社会へのまなざし
  • 2007年, 大学院(修士・博士前期), 社会サービスシステム特論
  • 2007年, 大学院(修士・博士前期), 自治体経営論特研
  • 2008年, 学部, 都市経営論Ⅱ
  • 2008年, 大学院(修士・博士前期), 社会サービスシステム特論
  • 2008年, 大学院(修士・博士前期), 自治体経営論特研
  • 2009年, 学部, 都市経営論Ⅰ
  • 2009年, 学部, 都市経営論Ⅱ
  • 2009年, 学部, 地域社会へのまなざし
  • 2009年, 大学院(修士・博士前期), 社会サービスシステム特論
  • 2009年, 大学院(修士・博士前期), 自治体経営論特研
  • 2009年, 大学院(博士後期), 自治体経営論特研

研究の業績

研究分野

    地域社会学(Urban and Rural Sociology)

研究内容キーワード

    コミュニティ、無償労働

研究課題

  • ①圏域編成をめぐる公共的機能の配置および地域間調整(Location and Interjurisdictional Regulation of Public Service System), 市町村合併などの広域行政体制や,分区運動などによる狭域化が公共サービスや地域的意思決定にとって,いかなる意義をもっているかについて,障害者・高齢者・児童などの福祉の視点を交えて考える。
  • ②社会福祉制度改革(Welfare System Reform), 「社会福祉基礎構造改革」は,必ずしもNPMの具体化とは言えず、NPOの活用など一面では積極的な要素とともに、サービスの質の低下を招きかねない労働投入削減への偏向など日本的な特異性とそれによる固有の問題性をはらんでいる。その現状と課題を考える。
  • ③NPM時代の地方行革についての批判的検討(Local Administrative Reform), 民営化・行政評価などを柱とする地方行革は,評価方法の客観性や手法の整合性に疑問点も多く、戦略計画の演繹的具体化とはいいかねる限界を有している面がある。より目的意識的な行革の方向性を考える。
  • ④公共経営における道徳的・規範的領域の政策手法の位置づけ方についての検討, 「有害図書」規制など道徳的・規範的領域に関わる公共政策のあり方について、これを科学的合理的な公共経営にどう組み入れるかを考える。
  • ①圏域編成をめぐる公共的機能の配置および地域間調整(Location and Interjurisdictional Regulation of Public Service System), 市町村合併などの広域行政体制や,分区運動などによる狭域化が公共サービスや地域的意思決定にとって,いかなる意義をもっているかについて,障害者・高齢者・児童などの福祉の視点を交えて考える。
  • ②社会福祉制度改革(Welfare System Reform), 「社会福祉基礎構造改革」は,必ずしもNPMの具体化とは言えず、NPOの活用など一面では積極的な要素とともに、サービスの質の低下を招きかねない労働投入削減への偏向など日本的な特異性とそれによる固有の問題性をはらんでいる。その現状と課題を考える。
  • ③NPM時代の地方行革についての批判的検討(Local Administrative Reform), 民営化・行政評価などを柱とする地方行革は,評価方法の客観性や手法の整合性に疑問点も多く、戦略計画の演繹的具体化とはいいかねる限界を有している面がある。より目的意識的な行革の方向性を考える。
  • ④公共経営における道徳的・規範的領域の政策手法の位置づけ方についての検討, 「有害図書」規制など道徳的・規範的領域に関わる公共政策のあり方について、これを科学的合理的な公共経営にどう組み入れるかを考える。

論文等

  • 2005年, 単著, NPMと福祉改革への具体化, 総合社会福祉研究, 2005年
  • 2005年, 単著, 都市経営論の反福祉的性格と福祉論的意義, 経済科学通信, 2005年
  • 2008年
  • 2009年, 単著, 地域社会レベルのアンペイドワーク論に向けての試論―ジェンダー不平等の視点からの相対的分離, 大分大学大学院福祉社会科学研究科『紀要』, 2009年

著書等

  • 2005年, 4876681414, 学内単一組織, 都市経営論, つむぎ出版, 2004年,1月, 2004,10月, 単著
  • 2008年
  • 2011年, 9784623059935, 学内単一組織, はじめての地域学, 第5章, ミネルヴァ書房1, 2011年, 共著
  • 2011年, 9784876681419, 都市経営論(改訂版), つむぎ出版, 2011年, 単著

主要所属学会名

  • 地域社会学会、日本地域経済学会
  • 日本地域経済学会
  • 地域社会学会、日本地域経済学会
  • 日本地域経済学会

社会貢献の業績

社会的活動等

  • 2008

国際研究プロジェクト

  • 2008


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.