詳細検索はこちら

大鶴 徹おおつる とおる

所属部署名理工学部
職名教授
 

教員情報

所属等

    理工学部, 福祉環境工学科・建築環境計画教授

氏名

    大鶴 徹, おおつる とおる

取得学位(1)

  • 工学博士, 九州大学, 1985年06月
  • 工学修士, 九州大学, 1979年03月

連絡先等

    870-1192 大分市旦野原700, otsuruoita-u.ac.jp, http://acoust.hwe.oita-u.ac.jp/otsurulab/index.html

教育の業績

授業担当実績

  • 2015年, 学部, 建築総論
  • 2015年, 学部, 建築環境工学II
  • 2015年, 学部, 建築環境工学II演習
  • 2015年, 学部, 建築環境計画
  • 2015年, 学部, 建築環境計画I
  • 2015年, 大学院(修士・博士前期), 建築環境工学特論第一
  • 2015年, 大学院(修士・博士前期), 建築環境設計演習第一
  • 2015年, 大学院(修士・博士前期), 建築設備計画特論第一
  • 2015年, 大学院(博士後期), 建築音響工学特論
  • 2015年, 大学院(修士・博士前期), 修士研究
  • 2016年, 学部, 建築総論
  • 2016年, 学部, 建築環境工学II
  • 2016年, 学部, 建築環境工学II演習
  • 2016年, 学部, 建築環境計画
  • 2016年, 学部, 建築環境計画I
  • 2016年, 大学院(修士・博士前期), 建築環境工学特論第一
  • 2016年, 大学院(修士・博士前期), 建築設備計画特論第一
  • 2016年, 大学院(博士後期), 建築音響工学特論
  • 2016年, 大学院(修士・博士前期), 修士研究

研究の業績

研究分野

    建築環境・設備

研究内容キーワード

    (課題1)◯有限要素法,◯境界要素法,◯室内音場,波動方程式,◯シミュレーション

研究課題

  • 数値音場解析, 音場を波動論的に解析する数値解析に関する研究である。主に有限/境界要素法を用い,ベクトル・並列計算により効率的かつ精度の保証を行いながら,10000m3を超える大規模音場の解析を可能としている。その応用として,既往の手法では困難であった残響室の拡散性の詳細の解明など行っている。
  • 遮音・吸音解析, 音環境の詳細な検討に必要な材の遮音や吸音メカニズムについて,有限要素法などの数値解析と音響インテンシティ法による精密実験の両面から検討し,マンション建築の二重床構造などの遮音解析や現場における拡散入射吸音・インピーダンス測定のためのE A-noise法の提案などを行っている。
  • 騒音環境, 騒音環境の評価、測定、制御について
  • 環境共生長寿命住宅の実現へ向けたバイオアコースティクスの利用, 住宅の長寿命化

論文等

  • 2009年, http://dx.doi.org/10.1121/1.3125327, 学内複数組織, Ensemble averaged surface normal impedance of material using an in-situ technique: Preliminary study using boundary element method, Journal of Acoustical Society of America, 2009年
  • 2012年, 学外組織, 有限要素法-手法の概要, 「音環境の数値シミュレーション」, 2012年
  • 2013年, 10.1016/j.apacoust.2013.12.010, 学外組織, A finite-element method using dispersion reduced spline elements for room acoustics simulations, Applied Acoustics, 2013年
  • 2013年, https://www.acoustics.asn.au/journal/2013/2013_41_3_Din.pdf, 学外組織, Reproductibility and applicability of ensemble averaged surface normal impedance of materials using an in-situ technique, Acoustics Australia , 2013年
  • 2013年, 10.1250/ast.34.221, 学外組織, A finite-element method using dispersion reduced spline elements for room acoustics simulation, Acoustical Science and Technology, 2013年
  • 2014年, https://doi.org/10.1016/j.apacoust.2013.12.010, 学外組織, A finite-element method using dispersion reduced spline elements for room acoustics simulation, Applied Acoustics, 2014年
  • 2013年, 学外組織, A practical system to predict the absorption coefficient, dimension and reverberation time of room using GLCM, DVP and neural network , International Journal of Automotive and Mechanical Engineering, 2013年
  • 2014年, 学外組織, Computational Simulation in Architectural and Environmental Acoustics, Splinger, 2014年
  • 2014年, https://www.acoustics.asn.au/conference_proceedings/INTERNOISE2014/papers/p433.pdf, 学外組織, Absorption modeling with ensemble averaged impedance for wave-based room acoustics simulations, Proc. of Internoise2014, 2014年
  • 2014年, 10.4028/www.scientific.net/AMM.471.273, 学外組織, Application of in-situ method for measuring sound absorption coefficient of direct piercing carved wood panel with daun sireh motif , Applied Mechanics and Materials, 2014年
  • 2014年, 学外組織, 材料開発におけるアンサンブル平均による材料の吸音特性のin-situ測定法の適用, 日本建築学会技術報告集, 2015年
  • 2015年, 10.1250/ast.37.129, 学外組織, Uncertainty examination of ensemble averaging method for sound absorption of materials in a reverberation room, Acoustical Science and Technology, 2015年
  • 2015年, http://doi.org/10.1250/ast.36.377, 学外組織, Applicability of an explicit time-domain finite-element method on room acoustics simulation, Acoustical Science and Technology, 2015年
  • 2015年, 10.4236/ojfd.2015.51001 , 学内単一組織, Acoustic Absorption Characteristics of Perforated Thin Plate with Air Jets and Cavity, Open Journal of Fluid Dynamics, 2015年
  • 2016年, DOI: 10.1016/j.apacoust.2015.10.027, 学内複数組織, An explicit time-domain finite element method for room acoustics simulations: Comparison of the performance with implicit methods, Applied Acoustics, 2016年
  • 2016年, DOI: 10.1250/ast.37.129, 学内複数組織, Uncertainty examination of ensemble averaging method for sound absorption of materials in a reverberation room, Acoustical Science & Technology, 2016年

著書等

  • 2008年, 3642096085, 学外組織, Computational Acoustics of Noise Propagation in Fluids, Different types of finite elements, Springer, 2008年, 4月, 共著
  • 2011年, 4818927074, 学外組織, 音環境の数値シミュレーション―波動音響解析の技法と応用, 有限要素法, 日本建築学会, 2011年, 10月, 共著

工業所有権等

  • 2007年, 音響インピーダンス及び吸音率の測定手法(仮称)

受賞

  • 日本建築学会賞(論文), 日本建築学会, 2010年05月
  • 日本音響学会環境音響研究賞, (一社)日本音響学会, 2016年03月

主要所属学会名

  • 騒音制御工学会
  • 聴覚医学会
  • 照明学会
  • 日本建築学会
  • 日本音響学会, 2014年
  • アメリカ音響学会
  • 西太平洋音響学会, 2014年

科学研究費補助金-課題

  • 建築環境の波動音響数値解析のためのマクロ的境界モデリング, 平成24〜26年度, 代表
  • 萌芽研究(代表)「環境共生長寿命住宅の実現へ向けたバイオアコースティクスの利用」, 平成24〜26年度, 代表
  • 基盤研究(B)(代表)「 不確かさを制御した吸音測定を基盤とする建築音響シミュレーション技術の確立」, 平成28〜30年度, 代表
  • 基盤研究(C)(分担 )「音場の非拡散性を考慮した実用的音響設計手法の開発」, 平成28〜30年度, 分担

科学研究費補助金-課題(10年)

  • 萌芽研究(代表)「アンビエントノイズによる建築材料の音響特性解明に関する研究」, 平成16年度~18年度, 代表
  • 基盤研究(A)(1) (代表)「環境音響数値解析技術の開発と活用のための標準性能評価基盤構築に関する研究」, 平成15年度~17年度, 代表
  • 基盤研究(A)(1)(分担)「建築・環境音源データベースの構築とその応用に関する研究」, 平成13年度~14年度, 分担
  • 基盤研究(B)(2)(分担)「インターネットを用いた建築音響マルチメディア教育データベースに関する国際共同研究」, 平成11年度~12年度, 分担
  • 挑戦的萌芽研究(代表)「粒子速度計測を利用する建築音響研究の新展開」, 平成19年度~21年度, 代表
  • 基盤研究(A)(!) 「大規模音響数値解析技術による建築音響シミュラークルデータベース構築」, 平成19年度~21年度, 代表
  • 挑戦的萌芽研究(分担)「バイオアコースティクスを利用した木造建築物の長寿命化」, 平成21〜23年度, 分担

共同研究・受託研究等-共同研究・受託研究等

  • 2007, オフィス環境音場数値解析
  • 2007, The improvement of echo sound field for A-hall

社会貢献の業績

社会的活動等

  • 2007, 大分県大規模店舗立地法審議会委員
  • 2008, 大分県大規模店舗立地法審議会委員

国際研究プロジェクト

  • 2008, 2008 Digital Signal Processing
  • 2005, 2005. Improvement of sound field in A-hall Project


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.