詳細検索はこちら

中川 裕之なかがわ ひろゆき

所属部署名教育学部
職名准教授
 

教員情報

所属等

    教育学部, 理数教育准教授

氏名

    中川 裕之, なかがわ ひろゆき

取得学位(1)

  • 博士(教育学), 早稲田大学, 2006年05月
  • 修士(教育学), 早稲田大学, 2003年03月
  • 学士(理学), 早稲田大学, 2001年03月

連絡先等

    870-1192 大分市大字旦野原700番地, 097-554-7661, hiroyukioita-u.ac.jp

教育の業績

授業担当実績

  • 2011年, 学部, 教育実習(小)
  • 2011年, 学部, 算数科指導法(小)
  • 2011年, 学部, 数学科指導法(中)
  • 2011年, 学部, 数学科授業論
  • 2011年, 大学院(修士・博士前期), 数学科教育方法論
  • 2011年, 大学院(修士・博士前期), 数学科教育方法論演習
  • 2012年, 学部, 数学特講I
  • 2012年, 学部, 数学特講II
  • 2012年, 学部, 卒業課題研究I
  • 2012年, 学部, 卒業課題研究II
  • 2012年, 学部, 卒業論文
  • 2012年, 大学院(修士・博士前期), 数学科教育方法論
  • 2012年, 大学院(修士・博士前期), 数学科教育方法論演習
  • 2012年, 学部, 教師学
  • 2012年, 学部, 数学科指導法(中)
  • 2012年, 学部, 数学科授業論
  • 2012年, 学部, 算数科指導法(小)
  • 2012年, 学部, 数学と文化
  • 2012年, 学部, 教育実習(小)
  • 2013年, 大学院(修士・博士前期), 数学科教育方法論
  • 2013年, 大学院(修士・博士前期), 数学科教育方法論演習
  • 2013年, 学部, 教師学
  • 2013年, 学部, 数学科授業論
  • 2013年, 学部, 数学科指導法(中)
  • 2013年, 学部, 教職実践演習(教諭)
  • 2013年, 学部, 算数科指導法(小)
  • 2013年, 学部, 教育実習(小)
  • 2014年, 学部, 教師学
  • 2014年, 学部, 教職実践演習(教諭)
  • 2014年, 学部, 教育実習(小)
  • 2014年, 学部, 数学と文化
  • 2014年, 学部, 数学科指導法(中)
  • 2014年, 学部, 数学科授業論
  • 2014年, 大学院(修士・博士前期), 数学科教育方法論
  • 2014年, 大学院(修士・博士前期), 数学科教育方法論演習
  • 2014年, 学部, 算数科指導法(小)

研究の業績

研究分野

    数学教育学

研究内容キーワード

    類比,証明

研究課題

  • 類推を用いて創造的、発展的に数学を学習する教材の開発, 類推を用いて数学を創造的、発展的に学習するための教材を開発することで、生徒の類推する能力を高めていくことを目的とする。学習指導要領では、数学を創造し、発展させる活動を通して数学を学習することが大切とされている。そのためには、帰納や類推、演繹などの生徒が行う数学的な推論が質的に高まっていく必要がある。しかし、教科書等を見ると、帰納や演繹に比べて類推が用いられる場面は少なく、類推する能力が高まらないことが危惧される。そこで、数学や認知科学の知見に基づき、類推の対象となる二つの事柄の類似性をこれまでとは別の観点からとらえ直すことで、これまで解明されてこなかった類推が有効に働く場面を、教材と共に明らかにする。, 2011年

論文等

  • 2002年, 単著, 中学校数学における図形指導改善の試み―類比的推論による知識の発見,創造―, 日本数学教育学会第35回数学教育論文発表会論文集, 2002年
  • 2003年, 単著, 類比な問題を発見・創造する方法について―Polyaの『帰納と類比』に見られる方法をもとにして―, 日本数学教育学会第36回数学教育論文発表会論文集, 2003年
  • 2004年, 単著, 解が調和平均となる図形問題の探求, 日本数学教育学会誌数学教育, 2004年
  • 2004年, 単著, シムソンの定理拡張における発想の分析, 早稲田大学教育学研究科紀要別冊, 2004年
  • 2004年, 単著, 類比な問題について, 日本数学教育学会第37回数学教育論文発表会論文集, 2004年
  • 2005年, 単著, 類比に基づいて命題を発展させる教材研究―合同と相似といった特殊と一般の関係の活用―, 日本数学教育学会第38回数学教育論文発表会論文集, 2005年
  • 2006年, 単著, 類比の関係に基づいて命題を発展させる活動について, 日本数学教育学会誌数学教育論究, 2006年
  • 2006年, 単著, 仮定を類似の条件に置きかえて類比な命題をつくる方法について―仮定を内角の二等分線から外角の二等分線に変えることに限定して―, 日本数学教育学会第39回数学教育論文発表会論文集, 2006年
  • 2007年, 単著, 類比に基づく発展的な数学の学習指導について, 日本数学教育学会誌数学教育論究, 2007年
  • 2007年, 単著, 合同な図形に関する学習を活かした相似な図形の学習について―合同条件を用いて考察した図形の性質を発展させることを通して―, 日本数学教育学会第40回数学教育論文発表会論文集, 2007年
  • 2007年, 単著, 内角の二等分線と外角の二等分線の関係について, 日本数学教育学会誌数学教育, 2007年
  • 2008年, 単著, 証明のよさに関する一考察, 日本科学教育学会第32回年会論文集, 2008年
  • 2008年, 単著, 類比の関係を活用した発展的,創造的な図形の学習指導について―どのような観点において類比かを意識することを通して―, 日本数学教育学会第41回数学教育論文発表会論文集, 2008年
  • 2009年, 単著, 大規模調査結果を生かした証明指導の改善, 日本科学教育学会第33回年会論文集, 2009年
  • 2009年, 単著, 相似な図形の学習における中点連結定理の位置付けについて―三つの関係に着目した学習内容の考察を通して―, 日本数学教育学会第42回数学教育論文発表会論文集, 2009年
  • 2009年, 学外組織, 我が国の数学教育における証明研究の課題と展望, 第42回数学教育論文発表会「課題別分科会」発表集録, 2009年
  • 2010年, 学外組織, An assessment framework for students’ abilities/competencies in proving., Proceedings of the 5th East Asia Regional Conference on MathematicsEducation, 2010年
  • 2010年, 単著, 図形の性質の証明の評価について, 日本科学教育学会第34回年会論文集, 2010年
  • 2010年, 単著, 相似な図形の性質と平行線と線分の比の性質の関係について―論理的な思考力の育成のために―, 日本数学教育学会誌数学教育, 2010年
  • 2010年, 単著, 類比を数学的に明らかにすることについて, 日本数学教育学会第43回数学教育論文発表会論文集, 2010年
  • 2011年, 単著, 証明に基づく発展のあり方について, 日本科学教育学会第35回年会論文集, 2011年
  • 2011年, 単著, 平面図形との類比を活用した空間図形の学習について―類比とみなす観点を明確にすることに着目して―, 日本数学教育学会第44回数学教育論文発表会論文集, 2011年
  • 2012年, 単著, 類比とみなす観点を設定して類推することについて~授業実践の結果の考察を通して~, 日本数学教育学会第45回数学教育論文発表会論文集, 2012年
  • 2013年, 学外組織, 課題探究として証明することのカリキュラム開発 ―中学校数学科第三学年の領域「数と式」及び「図形」における学習の構想―, 日本数学教育学会第1回春期研究大会論文集, 2013年
  • 2013年, 単著, 証明に基づく発展について ―証明の着想を明らかにする教材研究を通して―, 日本数学教育学会第46回秋期研究大会発表集録, 2013年
  • 2014年, 学外組織, 中学校図形領域における課題探究として証明することの授業化-第3学年の内容「三平方の定理」-, 日本数学教育学会第2回春期研究大会論文集, 2014年
  • 2011年, 1A1-E3 証明に基づく発展のあり方について(これからの学校教育における説明・証明研究の展望IV,課題研究,次世代の科学力を育てる : 社会とのグラウンディングを実現するために), 年会論文集, 2011年
  • 2015年, I6 「平行線と面積」の学習の位置づけに関する一考察 : 教材の作成とそれを用いた調査を通して(I 証明(説明,論証を含む),《口頭発表》の部), 秋期研究大会発表集録, 2015年

著書等

  • 2012年, 4491028532, 学外組織, 続・新しい算数数学教育の実践をめざして―杉山吉茂先生喜寿記念論文集, 類比による命題の整理と発見, 東洋館出版社, 2012年, 12月, 共著
  • 2015年, 4863590814, 教科教育学シリーズ③算数・数学科教育, 第7章第2節, 一藝社, 2015年, 10月, 共著

主要所属学会名

  • 日本数学教育学会, 2013年
  • 日本科学教育学会, 2013年
  • 九州数学教育学会, 2011年
  • 全国数学教育学会
  • 日本教科教育学会

科学研究費補助金-課題

  • 科学的エビデンスに基づく,「課題探究型の説明」カリキュラムの開発と検証, 2012年度-2015年度, 分担
  • 数学教育における類推を能率的に活用する授業構成と教材開発に関する実証的研究, 2013年度-2016年度, 代表
  • 課題探究型説明カリキュラムに基づく学習指導法の開発と科学的エビデンスによる検証, 2014年度-2017年度, 分担
  • 小学校中学年における算術から代数への移行教材の開発研究, 2015年度ー2017年度, 分担
  • 課題解決型説明カリキュラムと評価法のユニバーサルデザイン化, 2016年度ー2019年度, 分担


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.