詳細検索はこちら

御手洗 靖みたらい やすし

所属部署名教育学部
職名教授
 

教員情報

所属等

    教育学部, 言語教育教授

氏名

    御手洗 靖, みたらい やすし

取得学位(1)

  • 教育学修士, 静岡大学大学院教育学研究科, 1987年03月
  • 教育学修士, 広島大学大学院教育学研究科, 1989年03月

連絡先等

    ymitaraicc.oita-u.ac.jp

教育の業績

授業担当実績

  • 2004年, オーラルイングリッシュ・前期
  • 2004年, オーラルイングリッシュ・後期
  • 2004年, 応用英語・前期
  • 2004年, 応用英語・後期
  • 2004年, 英語の社会スキル
  • 2004年, 英語教材研究
  • 2004年, 英語教育研究
  • 2004年, 英語科授業論
  • 2004年, 卒業論文指導・前期
  • 2004年, 卒業論文指導・後期
  • 2005年, オーラルイングリッシュ・前期
  • 2005年, オーラルイングリッシュ・後期
  • 2005年, 応用英語・前期
  • 2005年, 応用英語・後期
  • 2005年, 英語の社会スキル
  • 2005年, 英語教材研究
  • 2005年, 英語教育研究
  • 2005年, 英語科授業論
  • 2005年, 卒業論文指導・前期
  • 2005年, 卒業論文指導・後期
  • 2005年, 教育実習
  • 2005年, 総合学習I
  • 2006年, 応用英語E・前期
  • 2006年, 応用英語E・後期
  • 2006年, 英語ゼミナール14
  • 2006年, 英語ゼミナール15
  • 2006年, 英語の社会スキル
  • 2006年, 英語教材研究
  • 2006年, 英語教育研究
  • 2006年, 英語科授業論
  • 2006年, 卒業論文指導・前期
  • 2006年, 卒業論文指導・後期
  • 2006年, 総合演習
  • 2007年, 応用英語E 前期
  • 2007年, 応用英語E・後期
  • 2007年, 英語ゼミナール14
  • 2007年, 英語ゼミナール15
  • 2007年, 英語の社会スキル
  • 2007年, 英語教材研究
  • 2007年, 英語教育研究
  • 2007年, 英語科授業論
  • 2007年, 卒業論文指導・前期
  • 2007年, 卒業論文指導・後期
  • 2008年, 応用英語E・前期
  • 2008年, 応用英語E・後期
  • 2008年, 英語ゼミナール16
  • 2008年, 英語ゼミナール17
  • 2008年, 英語の社会スキル
  • 2008年, 英語教材研究
  • 2008年, 英語教育研究
  • 2008年, 英語科授業論
  • 2008年, 卒業論文指導・前期
  • 2008年, 卒業論文指導・後期
  • 2008年, 基礎ゼミ
  • 2009年, 応用英語E・前期
  • 2009年, 応用英語E・後期
  • 2009年, 英語ゼミナール18
  • 2009年, 英語ゼミナール19
  • 2009年, 英語の社会スキル
  • 2009年, 英語教育研究
  • 2009年, 英語科授業論
  • 2009年, 卒業論文指導・前期
  • 2009年, 卒業論文指導・後期
  • 2010年, 学部, 応用英語E前期
  • 2010年, 学部, 応用英語E
  • 2010年, 学部, 英語コミュニケーションスキルB
  • 2010年, 学部, 小学校外国語活動指導法
  • 2010年, 学部, 英語ゼミナール15
  • 2010年, 学部, 英語ゼミナール14
  • 2010年, 学部, 英語科授業論
  • 2010年, 学部, ELT in Japan
  • 2010年, 学部, 英語科教育研究
  • 2010年, 学部, 卒業論文指導・前期
  • 2010年, 学部, 卒業論文指導・後期
  • 2010年, 大学院(修士・博士前期), 英語科教育特論II
  • 2010年, 大学院(修士・博士前期), 英語科教育演習Ⅱ
  • 2010年, 大学院(修士・博士前期), 英語科教育実践研究Ⅱ
  • 2013年, 学部, 応用英語E前期
  • 2013年, 学部, 応用英語E後期
  • 2013年, 学部, 小学校外国語活動指導法
  • 2013年, 学部, 英語コミュニケーションスキルB
  • 2013年, 学部, 英語ゼミナール17
  • 2013年, 学部, 英語ゼミナール16
  • 2013年, 学部, 英語科授業論
  • 2013年, 学部, 卒業論文前期
  • 2013年, 学部, 卒業論文後期
  • 2013年, 学部, 卒業課題研究I
  • 2013年, 学部, 卒業課題研究II
  • 2013年, 大学院(修士・博士前期), 英語科教育特論Ⅱ
  • 2013年, 大学院(修士・博士前期), 英語科教育演習Ⅱ
  • 2013年, 大学院(修士・博士前期), 英語科教育実践研究Ⅱ

研究の業績

研究分野

    言語習得

研究課題

  • 人工的な一人一言語家庭内環境におけるパイリンガリズム, 課題の目的は,日本における幼児の日英両言語の発達を記述・分析することである。 本研究の特徴は,幼児の人工的な一人一言語環境にある。つまり,日本人の両親のうち,母親は日本語を,父親は外国語である英語を常時使用している。これにより,「ネイティブスピーカーでない人間からのインプットにより,どのような言語能力が獲得されてゆくのか,」という問いに答える。 さらに,父親のみが日本社会における少数派言語である英語を使用するという例は,これまでの研究に見られない特徴である。これにより,インプット量の絶対量が少ない言語(英語)の獲得は,どのレベルまで可能であるのかという問いに答える。, 2009年
  • 2011年

論文等

  • 2004年, 単著, ", 九州英語教育学会 紀要, 2004年
  • 2005年, 単著, A case study of natural translation by a simultaneous English-Japanese bilingual child., 九州英語教育学会 紀要, 2005年
  • 2005年, 単著, 英語科教員養成のためのvideo on demand教材の開発, 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 2005年
  • 2006年, 単著, 実践報告―日本人家庭における幼児への英語の識字教育, 九州英語教育学会 紀要, 2006年
  • 2007年, 単著, 小学校における英語活動の授業実践報告, 大分大学教育福祉科学部附属教育実践センター紀要, 2007年
  • 2007年, 単著, 日本人幼児における動詞giveの発達, 九州英語教育学会 紀要, 2008年
  • 2009年, 単著, 二人の日本人幼児における日英語使い分け能力の発達, 九州英語教育学会 紀要, 2009年
  • 2009年, 学外組織, *ALTに伝える気持ちを育てる小学校英語活動にみられる担任の影響―授業者へのインタビューを中心に, 九州英語教育学会 紀要, 2009年
  • 2010年, 単著, 二人の日英バイリンガル幼児の3~4歳における英語発話能力, 九州英語教育学会 紀要, 2010年

著書等

  • 2006年, 学外組織, 高等教育における英語授業の研究―授業実践報告を中心に, 松柏社, 2007年.1月, 2007.1月, 共著
  • 学外組織, 共著
  • 学外組織, 共著

主要所属学会名

  • 全国英語教育学会
  • 九州英語教育学会
  • 大分大学英語研究学会
  • 中国地区英語教育学会

科学研究費補助金-課題

  • 人工的日英バイリンガル養育児における英語習得の縦断的研究, 2008-2010, 代表
  • 人工的日英バイリンガル養育児における英語疑問文・関係代名詞文習得の縦断的研究, 2011-2013, 代表

科学研究費補助金-課題(10年)

  • 人工的日英バイリンガル養育児における英語習得の縦断的研究, 2008-2010, 代表

研究助成

  • 2004, 大分大学ビジネスベンチャーラボラトリー研究助成
  • 2005, 大分大学ビジネスベンチャーラボラトリー研究助成
  • 2006, 大分大学ビジネスベンチャーラボラトリー研究助成
  • 2007, 大分大学ビジネスベンチャーラボラトリー研究助成
  • 2008, 大分大学ビジネスベンチャーラボラトリー研究助成

社会貢献の業績

社会的活動等

  • 2008, 大分県高等学校教育研究会英語部会顧問
  • 2009, 大分県高等学校教育研究会英語部会顧問
  • 2010, 大分県高等学校教育研究会英語部会顧問
  • 2011, 大分県高等学校教育研究会英語部会顧問
  • 2012, 大分県高等学校教育研究会英語部会顧問
  • 2013, 大分県高等学校教育研究会英語部会顧問


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.