詳細検索はこちら

廣瀬 剛ひろせ たけし

所属部署名教育学部
職名教授
 

教員情報

所属等

    教育学部, 芸術・保健体育教育教授

氏名

    廣瀬 剛, ひろせ たけし

取得学位(1)

  • 芸術学士, 多摩美術大学, 1993年03月

教育の業績

授業担当実績

  • 2005年, 基礎デザイン IA(a)
  • 2005年, 構成IIA(b)
  • 2005年, デザインIII(a)
  • 2005年, 造形表現I
  • 2005年, デザインIIB(b)
  • 2005年, くらしのデザイン
  • 2005年, 基礎デザインIIB(b)
  • 2005年, 芸術表現応用A1
  • 2005年, 構成IA(a)
  • 2005年, 図画工作(小)
  • 2005年, 視聴覚メディア論
  • 2005年, 介護等体験
  • 2005年, 教育実習,福祉実習
  • 2005年, 工場見学などへの引率
  • 2005年, 構成演習
  • 2005年, デジタルアート演習
  • 2005年, アートアニメーションの実践
  • 2005年, 卒業課題研究
  • 2005年, 卒業課題研究I
  • 2005年, 卒業課題研究II
  • 2005年, 卒業研究
  • 2005年, 卒業論文
  • 2005年, 表現基礎実習AI(デッサン)
  • 2006年, 基礎デザイン IA(a)
  • 2006年, 構成IIA(b)
  • 2006年, デザインIII(a)
  • 2006年, 造形表現I
  • 2006年, デザインIIB(b)
  • 2006年, くらしのデザイン
  • 2006年, 基礎デザインIIB(b)
  • 2006年, 芸術表現応用A1
  • 2006年, 構成IA(a)
  • 2006年, 図画工作(小)
  • 2006年, 視聴覚メディア論
  • 2006年
  • 2006年, 教育実習,福祉実習
  • 2006年, 見学などへの引率
  • 2006年, 構成演習
  • 2006年, デジタルアート演習
  • 2006年
  • 2006年, 卒業課題研究I
  • 2006年, 卒業課題研究II
  • 2006年, 卒業論文
  • 2006年, 表現基礎実習AI(デッサン)
  • 2007年, 基礎デザイン IA(a)
  • 2007年, 構成IIA(b)
  • 2007年, デザインIII(a)
  • 2007年, 造形表現I
  • 2007年, デザインIIB(b)
  • 2007年, くらしのデザイン
  • 2007年, 基礎デザインIIB(b)
  • 2007年, 芸術表現応用A1
  • 2007年, 構成IA(a)
  • 2007年, 図画工作(小)
  • 2007年, 視聴覚メディア論
  • 2007年
  • 2007年, 教育実習,福祉実習
  • 2007年, 見学などへの引率
  • 2007年, 構成演習
  • 2007年, デジタルアート演習
  • 2007年
  • 2007年, 卒業課題研究I
  • 2007年, 卒業課題研究II
  • 2007年, 卒業論文
  • 2007年, 表現基礎実習AI(デッサン)
  • 2007年, 総合演習
  • 2007年, アートアニメーションの実践
  • 2007年, 卒業論文
  • 2007年, 卒業課題研究
  • 2008年, 基礎デザイン IA(a)
  • 2008年, 構成IIA(b)
  • 2008年, デザインIII(a)
  • 2008年, 造形表現I
  • 2008年, デザインIIB(b)
  • 2008年, くらしのデザイン
  • 2008年, 基礎デザインIIB(b)
  • 2008年, 芸術表現応用A1
  • 2008年, 構成IA(a)
  • 2008年, 図画工作(小)
  • 2008年, 視聴覚メディア論
  • 2008年
  • 2008年, 教育実習,福祉実習
  • 2008年, 見学などへの引率
  • 2008年, 構成演習
  • 2008年, デジタルアート演習
  • 2008年, 卒業課題研究I
  • 2008年, 卒業課題研究II
  • 2008年, 卒業論文
  • 2008年, 表現基礎実習AI(デッサン)
  • 2008年, 卒業研究
  • 2008年, 卒業課題研究

研究の業績

研究分野

    グラフィックデザイン(graphic design),イラストレーション(illustration)

研究内容キーワード

    デザイン,CG,イラストレーション,エディトリアル

研究課題

  • ビジュアルコミュニケーション, グラフィックデザイン、イラストレーション表現をとおして行われるコミュニケーションについて

論文等

  • 2008年, 学内単一組織, CSCLシステムを利用した「図画工作科・美術科教員のための評価能力育成」システムの開発, 2008 PC Conference論文集, 2008年
  • 2009年, 学内単一組織, CSCLシステム‟hikoboshi”を利用した作品評価能力育成の試み, 大学美術教育学会誌, 2009年

芸術作品・技術製品等

  • 2005年, lips, FORET HARAJUKU LAPNET CLUB, FORET HARAJUKU LAPNET CLUB, 2005年,1月, 2005,12
  • 2006年, みちあんない, FORET HARAJUKU LAPNET CLUB, FORET HARAJUKU LAPNET CLUB, 2006年,1月, 2006,12
  • 2006年, 『キンダーブック2』表紙デザイン 2006年4月号-2007年3月号, 株式会社フレーベル館, 2006年,4月, 2006,4
  • 2006年, アナログデジタル, 山口県萩市 ギャラリー草莽, ギャラリー草莽, 2006年.4月, 2006.4
  • 2006年, 指先時間, ニューヨーク紀伊国屋書店、他, ニューヨーク紀伊国屋書店、他, 2007年.3月, 2007.3
  • 2006年, 秒刻手帖(改訂版)、年刻手帖(改訂版), 195tenthAvenue NewYork Printed Matter, Printed Matter, 2007年.3月, 2007.3
  • 2006年, 秒刻手帖(short version)、年刻手帖(short version), ニューヨーク紀伊国屋書店、他, ニューヨーク紀伊国屋書店、他, 2007年.3月, 2007.3
  • 2007年, 0歳児のための本, 芦屋市立美術博物館, 芦屋市立美術博物館, 2007年,1月, 2007,11
  • 2009年, 『日仏比較 変容する社会と教育』装丁デザイン、カバーイラスト、本文イラスト作成, 明石書店, 2009年, 7

主要所属学会名

  • 日本図書設計家協会
  • 大学美術教育学会

科学研究費補助金-課題

  • CSCLを利用した図画工作科・美術科教員のための評価能力育成カリキュラムの開発, 2007-2009, 代表

共同研究・受託研究等-共同研究・受託研究等

  • 2013, 新商品飲料のデザイン開発

社会貢献の業績

国際研究プロジェクト

  • 2008


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.