詳細検索はこちら

山崎 清男やまさき きよお

所属部署名教育学部
職名教授
 

教員情報

所属等

    教育学部, 発達科学教育教授

氏名

    山崎 清男, やまさき きよお

取得学位(1)

  • 教育学修士, 広島大学, 1976年03月

教育の業績

授業担当実績

  • 2004年, 人間と教育
  • 2004年, 教育行政学
  • 2004年, 教育行政学演習
  • 2004年, 教育学特別研究1
  • 2004年, 教育制度・経営論
  • 2004年, 小学校学級経営
  • 2004年, 教育学特別研究2
  • 2004年, 教育学入門
  • 2004年, 介護等体験
  • 2004年, 教育実習,福祉実習
  • 2004年, 工場見学などへの引率
  • 2005年, 人間と教育
  • 2005年, 教育行政学
  • 2005年, 教育行政学演習
  • 2005年, 教育学特別研究1
  • 2005年, 教育制度・経営論
  • 2005年, 小学校学級経営
  • 2005年, 教育学特別研究2
  • 2005年, 教育学入門
  • 2005年, 介護等体験
  • 2005年, 教育実習,福祉実習
  • 2005年, 工場見学などへの引率
  • 2006年, 人間と教育
  • 2006年, 教育行政学
  • 2006年, 教育行政学演習
  • 2006年, 教育学特別研究Ⅰ
  • 2006年, 教育学特別研究Ⅲ
  • 2006年, 教育学特別研究Ⅳ
  • 2006年, 教育制度・経営論
  • 2006年, 小学校学級経営
  • 2006年, 教育学特別研究Ⅱ
  • 2006年, 教育学入門
  • 2006年, 教育史
  • 2006年, 教育実習,福祉実習
  • 2007年, 人間と教育
  • 2007年, 教育行政学
  • 2007年, 教育行政学演習
  • 2007年, 教育学特別研究Ⅰ
  • 2007年, 教育学特別研究Ⅲ
  • 2007年, 教育学特別研究Ⅳ
  • 2007年, 教育制度・経営論
  • 2007年, 小学校学級経営
  • 2007年, 教育学特別研究Ⅱ
  • 2007年, 教育学入門
  • 2007年, 教育史
  • 2007年, 教育実習,福祉実習
  • 2008年, 人間と教育
  • 2008年, 教育行政学
  • 2008年, 教育行政学演習
  • 2008年, 教育学特別研究Ⅰ
  • 2008年, 教育学特別研究Ⅲ
  • 2008年, 教育学特別研究Ⅳ
  • 2008年, 教育制度・経営論
  • 2008年, 小学校学級経営論
  • 2008年, 教育学特別研究Ⅱ
  • 2008年, 教育学入門
  • 2008年, 教育史
  • 2008年, 教育実習,福祉実習
  • 2009年, 教育行政学
  • 2009年, 教育行政学演習
  • 2009年, 教育学特別研究Ⅰ
  • 2009年, 教育学特別研究Ⅱ
  • 2009年, 教育制度・経営論
  • 2009年, 小学校学級経営論
  • 2009年, 教育学特別研究Ⅲ
  • 2009年, 教育学特別研究Ⅳ
  • 2009年, 教育学入門

研究の業績

研究分野

    教育経営学・教育行政学(School Administration)

研究課題

  • ①学校経営(School Administration), 変化しつつある現代社会において,学校教育目標を効果的に達成するための学校経営のあり方を研究。そのためには管理職のリーダーシップは当然として,学年経営,学校経営,さらには教師の協働のあり方等に論究していくことが重要な課題である。
  • ②生涯学習((Lifelong Learning), 生涯にわたり人々の学習権を保障していくための生涯学習システムを研究。学校を生涯学習の一機関として位置づけ,学校教育と社会教育の連携・融合を推進することにより,児童・生徒の成長発達をサポートするシステムや開かれた学校づくり等が重要な課題である。また生涯各期における課題達成のための学習プログラム開発も見落とすことはできない。
  • 教育目標を効果的に達成するための学校経営, 学校を取り巻く教育環境が高度化、複雑化している中で学校教育活動がスムーズに推進されなくなっている現状がある。還元するなら、学校のみの教育活動では学校教育目標を効果的に達成することは困難になっている。そこで、学校は家庭や地域社会との連携なくして、効果的に教育活動を推敲することができない。このような中で、組織として学校教育目標を効果的に達成するための連携のあり方の解明を課題としている。
  • ②生涯学習((Lifelong Learning), 生涯にわたり人々の学習権を保障していくための生涯学習システムを研究。学校を生涯学習の一機関として位置づけ,学校教育と社会教育の連携・融合を推進することにより,児童・生徒の成長発達をサポートするシステムや開かれた学校づくり等が重要な課題である。また生涯各期における課題達成のための学習プログラム開発も見落とすことはできない。
  • 学校経営, 変化しつつある現代社会において,学校教育目標を効果的に達成するための学校経営のあり方を研究。そのためには管理職のリーダーシップは当然として,学年経営,学校経営,さらには教師の協働のあり方等に論究していくことが重要な課題である。
  • 生涯学習, 生涯にわたり人々の学習権を保障していくための生涯学習システムを研究。学校を生涯学習の一機関として位置づけ,学校教育と社会教育の連携・融合を推進することにより,児童・生徒の成長発達をサポートするシステムや開かれた学校づくり等が重要な課題である。また生涯各期における課題達成のための学習プログラム開発も見落とすことはできない。
  • 学校経営, 変化しつつある現代社会において,学校教育目標を効果的に達成するための学校経営のあり方を研究。そのためには管理職のリーダーシップは当然として,学年経営,学校経営,さらには教師の協働のあり方等に論究していくことが重要な課題である。
  • 生涯学習, 生涯にわたり人々の学習権を保障していくための生涯学習システムを研究。学校を生涯学習の一機関として位置づけ,学校教育と社会教育の連携・融合を推進することにより,児童・生徒の成長発達をサポートするシステムや開かれた学校づくり等が重要な課題である。また生涯各期における課題達成のための学習プログラム開発も見落とすことはできない。
  • 学校経営, 変化しつつある現代社会において,学校教育目標を効果的に達成するための学校経営のあり方を研究。そのためには管理職のリーダーシップは当然として,学年経営,学校経営,さらには教師の協働のあり方等に論究していくことが重要な課題である。
  • 生涯学習, 生涯にわたり人々の学習権を保障していくための生涯学習システムを研究。学校を生涯学習の一機関として位置づけ,学校教育と社会教育の連携・融合を推進することにより,児童・生徒の成長発達をサポートするシステムや開かれた学校づくり等が重要な課題である。また生涯各期における課題達成のための学習プログラム開発も見落とすことはできない。

論文等

  • 2005年, 学外組織, 生活体験学校の効果に関する研究―大分県庄内町生活体験学校を中心として―, 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター紀要, 2005年
  • 2005年, 学外組織, 学校改善と授業評価(Ⅱ)―因子分析を中心にして―, 大分大学生涯学習教育研究センター紀要, 2006年
  • 2005年, 学外組織, 学校改善と授業評価(Ⅰ), 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 2005年
  • 2005年
  • 2006年, 学外組織, 家庭・学校・地域社会の連携・協働による教育システムの構築, 大分大学生涯学習教育研究センター, 2007年
  • 2007年, 学外組織, 学校改善と授業評価(Ⅲ), 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 2008年
  • 2008年, 学外組織, 学校改善と授業評価(Ⅲ), 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 2008年

著書等

  • 2004年, 学外組織, 教育学を学ぶ, 川島書店, 2004年,4月, 2004,4月, 共著
  • 2005年, 学外組織, 教育学を学ぶ, 川島書店, 2004年,4月, 2004,4月, 共著
  • 2005年, 指導教員のための初任者研修の進め方, 教育開発研究所, 2006年,3月, 2006,3月, 共著

主要所属学会名

  • 日本教育経営学会
  • 日本教育行政学会
  • 日本教育学会,日本教育経営学会(理事),日本教育行政学会,日本教育社会学会,日本生涯教育学会
  • 日本教育経営学会
  • 日本教育行政学会
  • 日本教育学会,日本教育経営学会(理事),日本教育行政学会,日本教育社会学会,日本生涯教育学会
  • 日本教育経営学会
  • 日本教育行政学会
  • 日本教育学会
  • 日本教育社会学会
  • 日本生涯教育学会
  • 日本教育経営学会 日本教育行政学会
  • 日本教育行政学会
  • 日本教育学会
  • 日本教育社会学会
  • 日本生涯教育学会
  • 日本教育経営学会 日本教育行政学会
  • 日本教育行政学会
  • 日本教育学会
  • 日本教育社会学会

社会貢献の業績

社会的活動等

  • 2008, 大分県人権教育推進懇話会委員(座長),大分県社会教育委員連絡協議会会長

国際研究プロジェクト

  • 2008


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.