詳細検索はこちら

福田 昌子ふくだ まさこ

所属部署名医学部
職名助教
 

教員情報

所属等

    医学部,  助教

氏名

    福田 昌子, ふくだ まさこ

取得学位(1)

  • 博士(医学), 大分医科大学, 1996年09月

教育の業績

授業担当実績

  • 2012年, 学部, 病態編
  • 2013年, 学部, 病態編

研究の業績

研究分野

    衛生動物学

研究内容キーワード

    フィラリア症 人獣共通寄生虫症 オンコセルカ ブユ 吸血昆虫

研究課題

  • 人獣共通フィラリア症の伝播に関する研究, オンコセルカは人や家畜などに寄生し,回旋糸状虫症を引き起こすフィラリア糸状虫に属する線虫で,吸血昆虫のブユやヌカカによって媒介される.人のオンコセルカ症(別名河川盲目症)はブユによって媒介され,アフリカや中南米に多数の感染者がいる.一方,人獣共通感染症として動物のオンコセルカによる人体感染が,ヨーロッパ, 北米,日本等で合計25例報告されている.このうち日本の10例(大分県6例、広島県3例、島根県1例)の媒介者は不明である.そこで,動物寄生性オンコセルカの伝播サイクルを解明するために,日本の野生動物や家畜のオンコセルカの検索,吸血昆虫ブユのフィラリア自然感染の調査,ブユのフィラリアに対する感受性を調べる感染実験などを行っている.また,東南アジアのタイでも同様の研究を行っている.

論文等

  • 2004年, 学外組織, A case of sexual mosaic in Simulium asakoae (Diptera: Simuliidae) collected from Thailand, Medical Entomology and Zoology, 2004年
  • 2004年, 学外組織, Zoonotic onchocerciasis caused by a parasite from wild boar in Oita, Japan: A comprehensive analysis of morphological characteristics of the worms for its diagnosis, Parasite, 2004年
  • 2005年, 学外組織, An Onchocerca species of wild boar found in the subcutaneous nodule of a resident of Oita, Japan, Parasitology International, 2005年
  • 2005年, 学外組織, Natural infections of Simulium (Nevermannia) uchidai (Diptera: Simuliidae) with infective filarial larvae, probably from a bird, in Oita, Japan, Medical Entomology and Zoology, 2005年
  • 2005年, 学外組織, Seasonal abundance and daily flying activity of black flies (Diptera: Simuliidae) attracted to human baits in Doi Inthanon National Park, northern Thailand, Medical Entomology and Zoology, 2005年
  • 2006年, 学内複数組織, A new species of Simulium (Boreosimulium) from Hokkaido, Japan (Diptera: Simuliidae), Medical Entomology and Zoology, 2006年
  • 2007年, 学内複数組織, A new species of Simulium (Hellichiella) from Kyoto, Japan (Diptera: Simuliidae), Medical Entomology and Zoology, 2007年
  • 2007年, 学外組織, Onchocerca eberhardi n. sp. (Nematoda: Filarioidea) from sika deer in Japan; relationships between species parasitic in cervids and bovids in the Holarctic region, Parasite, 2007年
  • 2008年, 学外組織, Infective larvae of five Onchocerca species from experimentally infected Simulium species in an area of zoonotic onchocerciasis in Japan, Parasite, 2008年
  • 2008年, 学外組織, Seasonal and diurnal biting activities and zoonotic filarial infections of two Simulium species (Diptera: Simuliidae) in northern Thailand, Parasite, 2008年
  • 2009年, 学外組織, Genetic evidence for the presence of two species of Onchocerca from the wild boar in Japan, Parasite, 2010年
  • 2009年, 学外組織, Molecular identification of infective larvae of three species of Onchocerca found in wild-caught females of Simulium bidentatum in Japan, Parasite, 2010年
  • 2010年, 学外組織, Zoonotic filariasis caused by Onchocerca dewittei japonica in a resident of Hiroshima Prefecture, Honshu, Japan, Parasitology International, 2010年
  • 2011年, 学外組織, Zoonotic onchocerciasis in Hiroshima, Japan, and molecular analysis of a paraffin section of the agent for a reliable identification, Parasite, 2011年
  • 2012年, 10.1111/j.1365-2915.2012.01023.x, 学外組織, Blackfly vectors of zoonotic onchocerciasis in Japan, Medical and Veterinary Entomology, 2012年
  • 2012年, 10.1016/j.parint.2012.08.004, 学外組織, Acanthocheilonema delicata n. sp. (Nematoda: Filarioidea) from Japanese badgers(Meles anakuma): Description, molecular identification, and Wolbachia screening, Parasitology International, 2013年
  • 2012年, 10.1051/parasite/2012001, 学外組織, Infective larvae of Cercopithifilaria spp. (Nematoda: Onchocercidae) from hard ticks (Ixodidae) recovered from the Japanese serow (Bovidae), Parasite, 2013年
  • 2013年, 学外組織, Genetic compatibility between Anopheles lesteri from Korea and Anopheles paraliae from Thailand, Memórias do Instituto Oswaldo Cruz, 2013年

主要所属学会名

  • 日本衛生動物学会
  • 日本寄生虫学会
  • 日本DNA多型学会
  • 日本分子生物学会

科学研究費補助金-課題(10年)

  • 東南アジアにおける吸血性昆虫ブユの種分化およびフィラリア媒介能に関する研究, 2006-2008, 分担

社会貢献の業績

国際研究プロジェクト

  • 2013, 熱帯アジアにおける吸血昆虫ブユの分類,生態および病原体伝播に関する研究


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.