詳細検索はこちら

谷口 勇一たにぐち ゆういち

所属部署名教育学部
職名教授
 

教員情報

所属等

    教育学部, 芸術・保健体育教育教授

氏名

    谷口 勇一, たにぐち ゆういち

取得学位(1)

  • 教育学修士, 広島大学, 1994年03月
  • 教育学士, 群馬大学, 1992年03月

連絡先等

    tyuichioita-u.ac.jp

教育の業績

授業担当実績

  • 2018年, 学部, 身体・スポーツ科学(スポーツ文化科学)
  • 2018年, 学部, 体育社会学・スポーツ社会学
  • 2018年, 学部, 体育(小)
  • 2018年, 学部, 卒論課題研究(ゼミナール)
  • 2018年, 学部, 健康スポーツ福祉論
  • 2018年, 学部, 地域の教育課題
  • 2018年, 学部, 教職展開ゼミ
  • 2018年, 学部, 体育実技Ⅰ(体つくり・陸上競技)
  • 2017年, 学部, 教職入門ゼミ
  • 2016年, 大学院(修士・博士前期), スポーツ社会学特論(2001~2016)
  • 2016年, 大学院(修士・博士前期), スポーツ社会学演習(2001~2016)
  • 2016年, 学部, レクリエーション論(2001~2016)
  • 2016年, 学部, ニュースポーツ(2001~2016)
  • 2012年, 学部, スポーツ行政学(2001~2012)
  • 2012年, 学部, スポーツ経営学(2001~2012)
  • 2012年, 学部, レクリエーション組織経営論(2001~2012)

研究の業績

研究分野

    スポーツ科学, スポーツ社会学・体育社会学

研究内容キーワード

    学校運動部活動・スポーツ政策・地方スポーツ行政

研究課題

  • 学校運動部活動指導からみえる教員文化の研究, 生徒たちのスポーツによる学習機会である部活動は、同時に教師たちにとっての「学習」機会でもある。教師たちは部活動指導になにを期待し、なにに不満を抱いているのか。それらの検討作業を通じて、教員文化の諸相を明らかにしていく。
  • 地方スポーツ行政機構における「揺らぎ」の諸相, わが国におけるスポーツならびに体育の振興は、戦後以降、主に教育行政の範疇で執り行われてきた。主要な行政執行者の一人である指導主事を対象とし、わが国のスポーツ・体育振興をめぐる「揺らぎ」の諸相を明らかにし、地方におけるスポーツ行政の進むべき姿を検討する。

論文等

  • 2018年, 単著, 地方自治体スポーツ行政は部活動改革動向とどう向かい合っているのか:総合型クラブ育成を担当した元指導主事の意識からみえてきた行政文化の諸相, 体育学研究, 2018年
  • 2018年, 単著, 大分県出身(関係)のオリンピアン・パラリンピアン, スポーツおおいた(大分県スポーツ学会誌)
  • 2016年, 学内単一組織, 総合型地域スポーツクラブにおける「コートの外空間」創造の重要性:O県内クラブをめぐるプログラム・サービスの評価から, 九州レジャー・レクリエーション研究, 2016年
  • 2016年, 単著, レクリエーション教育とスポーツ教育をめぐるパラドックス:今後のレクリエーション研究に向けたラフスケッチ, 九州レジャー・レクリエーション研究, 2017年
  • 2014年, 単著, 部活動と総合型地域スポーツクラブの関係構築動向をめぐる批判的検討:「失敗事例」からみえてきた教員文化の諸相をもとに, 体育学研究, 2014年
  • 2013年, 単著, 学校(教師)は総合型地域スポーツクラブをどうみているのか:新たなスポーツ政策と相対する学校の「揺らぎ」に着目して, 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 2013年
  • 2013年, 学外組織, 国民体育大会の教育的効果に関する調査研究:学校活動に対する意識変化や社会性の獲得に着目して, 九州レジャー・レクリエーション研究, 2014年
  • 2012年, 学内複数組織, 学校レクリエーションが子どもにもたらす各種学習効果の検証, 自由時間研究, 2012年
  • 2011年, 学内複数組織, 総合型地域スポーツクラブ動向と部活動顧問教師をめぐる「揺らぎ」の諸相, 九州体育・スポーツ学研究, 2011年
  • 2011年, 学内複数組織, 学校との協働関係構築を意図した総合型地域スポーツクラブをめぐる課題の諸相, 大分大学高等教育開発センター紀要, 2012年
  • 2011年, 学内複数組織, 元高校球児のスポーツ的社会化過程に関する研究, 九州体育・スポーツ学研究, 2012年
  • 2011年, 学内複数組織, 元高校球児のスポーツ的社会化過程に関する研究―文化的再生産論に依拠しつつ, 九州レジャー・レクリエーション研究, 2012年
  • 2011年, 学外組織, ランニングライフの地域差に関する調査研究, ランニング学研究, 2011年
  • 2010年, 学内複数組織, 住民主導を意図した総合型地域スポーツクラブ育成事業における「揺らぎ」の意味と構造, 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 2010年
  • 2010年, 学内複数組織, 大学運動部活動参加と学生の社会性および生活充実度の関係, 体育・スポーツ教育学研究, 2011年
  • 2010年, 学外組織, 大在地区住民のボランティア意識に関する調査研究, 日本文理大学紀要, 2011年
  • 2010年, 学内複数組織, 住民主導を意図した総合型地域スポーツクラブ育成事業における「揺らぎ」の意味と構造, 研究論文集―教育系・文系の九州地区国立大学間連携論文集, 2011年
  • 2010年, 学外組織, 総合型地域スポーツクラブ育成におけるレクリエーション支援者の今日的役割, 自由時間研究, 2011年
  • 2009年, 学内複数組織, 子ども期における「体力」と「学力」の関連性, 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 2010年
  • 2008年, 学外組織, スポーツクラブにおける相互承認と相互支援システムに関する研究, 立教大学アミューズメント・リサーチセンター報告書, 2009年
  • 2007年, 学外組織, アマチュア・ゴルファーのゴルフに対する態度変容に関する研究, ゴルフの科学, 2007年
  • 2007年, 学内複数組織, 小学校期における野外活動の効果とその持続性解明に向けた基礎的研究, Leisure, 2008年
  • 2007年, 学外組織, レクリエーション支援者養成に関する実証的研究, 自由時間研究, 2008年
  • 2007年, 学外組織, 総合型地域スポーツクラブ政策にみるアミューズメント形成との可能性, 立教大学アミューズメント・リサーチセンター報告書, 2008年
  • 2007年, 学内単一組織, 総合型地域スポーツクラブと学校運動部活動との連携・協力, 福岡教育大学総合型地域スポーツクラブの地域づくり支援活動研究プロジェクト研究集, 2008年
  • 2007年, 学内複数組織, 高齢者における日常的運動習慣と生活意欲形成の関連性, 大分大学生涯学習教育研究センター紀要, 2008年
  • 2007年, 学外組織, 高校生における社会性獲得に関する実証的研究, 別府溝部学園高等学校紀要, 2007年
  • 2007年, 学内単一組織, ”子どものスポーツ”に対する期待構造(1):小学生とその保護者への意識調査から, 大分大学生涯学習教育研究センター紀要, 2007年
  • 2006年, 学外組織, スポーツ競技団体の登録人口動態, 体育の科学, 2006年
  • 2006年, 学外組織, レクリエーション資格保有者が抱く総合型地域スポーツクラブに対する各種意識, Leisure, 2007年
  • 2006年, 学内複数組織, “子どものスポーツ”に対する期待構造(1), 大分大学生涯学習教育研究センター紀要, 2007年
  • 2006年, 学外組織, 総合型地域スポーツクラブ政策と体育・スポーツ行政の揺らぎ, 立教大学アミューズメント・リサーチセンター報告書, 2007年
  • 2006年, 学外組織, 大学における「レクリエーション教育」に関する社会学的研究, 財団法人日本レクリエーション協会平成18年度研究助成事業基礎研究集, 2007年
  • 2005年, 単著, 身体・スポーツ科学におけるニュースポーツ導入の効果と課題, 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター紀要, 2006年
  • 2005年, 学外組織, 高齢者における「健康」と運動習慣の関連性に関する研究, 大分大学生涯学習教育研究センター紀要, 2006年
  • 2005年, 学内複数組織, レクリエーション教育の副次的効果に関する社会学的研究, Leisure and Recreation(自由時間研究), 2006年
  • 2005年, 単著, スポーツ少年団活動の質的変容から導き出すべきスポーツ界の課題, 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 2005年
  • 2003年, 単著, 大分県内高等学校運動部活動顧問教師の指導意識に関する調査研究, 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 2003年
  • 2003年, 学内単一組織, 地域との連携を意図した演習科目導入に伴う教育効果の検討, 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター紀要, 2003年
  • 2001年, 学外組織, ニュースポーツの変容過程に関する社会学的研究, 福岡大学スポーツ科学研究, 2001年
  • 1999年, 学外組織, 参加選手によるユニバーシアード福岡大会の評価, 健康科学(九州大学), 1999年
  • 1998年, 学外組織, 第18回ユニバーシアード大会1995福岡参加選手の過去および現在の選手生活に関する調査研究, 健康科学(九州大学), 1998年
  • 1998年, 学外組織, 福岡県内某公立高等学校1年生における精神健康と疲労に関する探索的研究:中学校からの運動部活動歴との関連性の検討, 健康科学(九州大学), 1998年
  • 1998年, 学外組織, 中学校時代における運動部活動の印象に関する探索的研究, 福岡教育大学紀要第5分冊, 1998年
  • 1998年, 学外組織, 国際スポーツ・イベントの波及効果に関する社会学的研究(2):その波及効果の持続性に着目して, 福岡大学体育学研究, 1998年
  • 1997年, 学外組織, 国際スポーツ・イベントの波及効果に関する社会学的研究(1):第12回アジア競技大会広島における開催地住民の意識変容をもとに, 福岡大学体育学研究, 1997年
  • 1995年, 単著, 中学校運動部指導における顧問教師と学外者との連携の可能性:学校外とのアクティブな交流機会の増大を目指して, 広島体育学研究, 1995年
  • 1993年, 学外組織, 公共施設利用者数の増減を規定する要因分析, 広島体育学研究

著書等

  • 2007年, 学外組織, 変わりゆく日本のスポーツ, 総合型地域スポーツクラブ政策とスポーツ行政の揺らぎ構造, 世界思想社, 2008年, 3月, 共著
  • 2009年, 学外組織, 福祉社会のアミューズメントとスポーツ―身体からのパースペクティブ, 「揺らぎ」の存する場所―コミュニティ形成が期待される総合型地域スポーツクラブ育成をめぐって, 世界思想社, 2010年, 3月, 共著

受賞

  • 総合型地域スポーツクラブ動向と部活動顧問教師をめぐる「揺らぎ」の諸相, 九州体育・スポーツ学会(学会賞・優秀論文賞), 2011年08月

主要所属学会名

  • 日本体育学会(体育社会学専門領域)
  • 日本スポーツ社会学会
  • 日本レジャー・レクリエーション学会
  • 九州体育・スポーツ学会
  • 九州レジャー・レクリエーション学会
  • 大分県スポーツ学会

科学研究費補助金-課題

  • 学校と総合型地域スポーツクラブの関係性に対する教員意識の研究(若手研究B), 2009-2010, 代表
  • 学校と総合型地域スポーツクラブによる「新しい公共」の創出課程に関する研究(基盤研究C), 2011-2013, 代表
  • 新たなスポーツ政策動向と相対する学校運動部活動をめぐる「揺らぎ」の意味(基盤研究C), 2014-2016, 代表
  • 部活動改革動向をめぐる指導主事(教員)とスポーツ行政における「揺らぎ」の構造(基盤研究C), 2017-2020, 代表

研究助成

  • 2012, スミセイコミュニティスポーツ推進助成「コミュニティスポーツによる脱縦割り行政機構の可能性に関する調査研究」
  • 2013, スミセイコミュニティスポーツ推進助成「コミュニティスポーツによる脱縦割り行政機構の可能性に関する調査研究―総合型クラブによる行政との協働関係構築事例に着目して」

社会貢献の業績

社会的活動等

  • 2018, 大分県スポーツ推進審議会副会長(2008~)
  • 2018, 大分市スポーツ推進審議会委員(2012~)
  • 2018, 宇佐市スポーツ推進連絡協議会会長(2014~)
  • 2018, 大分県の運動部活動の在り方に関する有識者会議委員
  • 2018, 大分県教委「スクールヘルスアップ事業」推進委員(2016~)
  • 2013, 財団法人大分県文化スポーツ振興財団理事(2011~)


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.