詳細検索はこちら

森下 覚もりした さとる

所属部署名教育学部附属教育実践総合センター
職名准教授
 

教員情報

所属等

    教育学部附属教育実践総合センター准教授

氏名

    森下 覚, もりした さとる

取得学位(1)

  • 修士(教育学), 横浜国立大学大学院, 2006年03月
  • 博士(教育学), 東京学芸大学大学院, 2010年03月

研究の業績

研究分野

    教育心理学、認知科学、文化心理学

研究内容キーワード

    学習、社会文化的アプローチ

研究課題

  • 「教育実習」と「体験的プログラム」における学生の学習過程の分析, 本研究は,教員養成系大学で行われている「教育実習」と「体験的プログラム」における学習過程を比較することを目的として行われた。研究の結果,教育実習は失敗を伴う実践的な体験が少なく,指導力の自己認知が高まることが明らかになった。一方,体験的プログラムは現場の教師と協同して働く実践的な機会が多く,学生は教師の背中を見て学ぶことが明らかになった。, 2011年
  • 学校インターンシップ体験が学生の実践的指導力に与える影響についての実証的研究, 2013年

論文等

  • 2004年, 学内複数組織, 文化的なオブジェクトとしての童貞, 横浜国立大学大学院教育学研究科教育相談・支援総合センター紀要, 2004年
  • 2004年, 学内複数組織, 学習環境のデザインがデザインしているもの, 日本認知科学会「教育環境のデザイン」研究分科会研究報告, 2004年
  • 2005年, 単著, 化粧の対象としての「肌」の社会的達成 ―語りから見る身近なリアリティのデザイン―, 日本認知科学会「教育環境のデザイン」分科会研究報告, 2005年
  • 2006年, 単著, 化粧と肌の社会的関係 ―なぜ、あなたは化粧をするのか?―, 日本顔学会誌, 2006年
  • 2009年, 学外組織, ヨット操船の実践者による素朴な学習環境デザイン ―学校教育におけるミシン実習場面との比較―, 横浜国立大学大学院教育学研究科教育相談・支援総合センター紀要, 2009年
  • 2010年, 学外組織, 教育実習における学習はどのように構成されているのか ―教育的デザインと実践の保持のデザインとのダイナミクス―, 教育心理学研究, 2010年
  • 2010年, 学内複数組織, 学校支援ボランティアにおける省察的実践の支援体制と実習生の学習の関連性について ―大分大学教育福祉科学部「まなびんぐサポート」事業を通して―, 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 2010年
  • 2010年, 学内複数組織, 学校現場における学校支援ボランティアの意義についての教員と大学生の認識 ―大分大学教育福祉科学部「まなびんぐサポート」事業を通して― , 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター紀要, 2010年
  • 2010年, 学内複数組織, 学校支援ボランティア経験による省察的思考スタイルの変容 ―「まなびんぐサポート」活動記録の分析を通して―, 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター紀要, 2010年
  • 2011年, 学内複数組織, 学校支援ボランティアの参加学生に対する教育的介入 ―大分大学教育福祉科学部「まなびんぐサポート」事業を通して―, 大分大学高等教育開発センター紀要, 2011年
  • 2011年, 学内複数組織, 学校支援ボランティアの運営体制の整備に関する研究 ―大分大学教育福祉科学部「まなびんぐサポート」事業を通して―, 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 2011年
  • 2012年, 学内複数組織, 小学校と中学校の教員は教員養成系大学・学部に何を求めているのか, 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター紀要, 2012年
  • 2012年, 学内複数組織, 資質能力形成に関する小中学校教師の意識, 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター紀要, 2012年
  • 2012年, 学内複数組織, 教員と関係機関との連携ー教員とスクールカウンセラーとの連携に焦点を当ててー, 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター紀要, 2012年
  • 2012年, 学内複数組織, 教師による実践的指導力の自己評定に関する調査, 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター紀要, 2012年

著書等

  • 2012年, 4762018805, 心理学史 (心理学のポイント・シリーズ), 認知心理学はどのように始まったか, 学文社, 2012年, 04月, 共著
  • 2012年, 4788512912, 状況と活動の心理学 コンセプト・方法・実践, サブカルチャー:意味と価値を実践するコミュニティ, 新曜社, 2012年, 04月, 共著
  • 2013年, 4863712324, SYNAPSE[シナプス]7月号通巻23号, eポートフォリオを活用した学校現場の体験の省察, ジアース教育新社, 2013年, 07月, その他

主要所属学会名

  • 日本心理学会
  • 日本教育心理学会
  • 日本認知科学会
  • 日本発達心理学会
  • 日本教育工学会

科学研究費補助金-課題

  • 「教育実習」と「体験的プログラム」における学生の学習過程の分析, 2011年4月~2013年3月, 代表
  • 学校インターンシップ体験が学生の実践的指導力に与える影響についての実証的研究, 2013年4月~2017年3月, 代表


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.