詳細検索はこちら

河野 伸子

所属部署名福祉健康科学部
職名准教授
 

教員情報

所属等

    福祉健康科学部准教授

氏名

    河野 伸子

取得学位(1)

  • 修士, 京都大学, 2000年03月

連絡先等

    大分県大分市旦野原700番地, 097-554-7612

教育の業績

授業担当実績

  • 2010年, 学部, 発達心理学
  • 2010年, 学部, 心理学
  • 2010年, 学部, 基礎ゼミⅠ
  • 2010年, 学部, 体験実習Ⅰ
  • 2010年, 学部, 卒業課題研究
  • 2010年, 大学院(修士・博士前期), 臨床心理実習
  • 2010年, 大学院(修士・博士前期), 発達心理学特論
  • 2010年, 学部, 生涯発達心理学
  • 2010年, 学部, 基礎ゼミⅢ
  • 2010年, 学部, 心理学特別研究
  • 2010年, 学部, 卒業研究
  • 2010年, 大学院(修士・博士前期), 発達心理学演習
  • 2011年, 学部, 発達心理学
  • 2011年, 学部, 心理学
  • 2011年, 学部, 基礎ゼミⅠ
  • 2011年, 学部, 体験実習Ⅰ
  • 2011年, 学部, 卒業課題研究
  • 2011年, 大学院(修士・博士前期), 臨床心理実習
  • 2011年, 大学院(修士・博士前期), 発達心理学特論
  • 2011年, 学部, 生涯発達心理学
  • 2011年, 学部, 基礎ゼミⅢ
  • 2011年, 学部, 心理学特別研究
  • 2011年, 学部, 卒業研究
  • 2011年, 大学院(修士・博士前期), 発達心理学演習
  • 2014年, 学部, 生涯発達心理学
  • 2014年, 学部, 基礎ゼミI
  • 2014年, 学部, 基礎ゼミIII
  • 2014年, 学部, 体験実習I
  • 2014年, 学部, 心理学
  • 2014年, 学部, 発達心理学
  • 2014年, 学部, 青年の心理

研究の業績

研究分野

    臨床心理学

研究内容キーワード

    愛着、親子関係

研究課題

  • 乳幼児期の子どもの発達と愛着, 乳幼児期の子どもの情緒的発達と親子の関わりを愛着という視点から研究する。, 2010年
  • コミュニティにおける心理臨床, 生涯発達上生じる様々な心理的困難に対する理解と対応を実践的に行い,福祉,医療,教育等,コミュニティの中での心理臨床の在り方を模索する。, 2010年

論文等

  • 2006年, 学外組織, 小児科における心理臨床の現状-心理臨床家と小児科医との心理的援助の取り組みに関する調査より, 心理臨床学研究, 2006年
  • 2010年, 学内複数組織, 描画療法と認知療法の併用により構音障害が軽快した転換性障害の1症例, 九州神経精神医学, 2010年
  • 2012年, 学内単一組織, 糖尿病者の疾病受容過程に関する研究-自己管理の捉え方と対人関係に焦点を当てて-, 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 2013年
  • 2012年, 学内単一組織, 小学校と中学校の教員は教員養成系大学・学部に何を求めているのか, 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター紀要, 2013年
  • 2012年, 学内単一組織, 資質能力形成に関する小中学校教師の意識, 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター紀要, 2013年
  • 2012年, 学内単一組織, 教員と関係機関との連携-教員とスクールカウンセラーとの連携に焦点を当てて-, 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター紀要, 2013年
  • 2012年, 学内単一組織, 教師による実践的指導力の自己評価に関する調査, 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター紀要, 2013年
  • 2012年, 学内単一組織, ライフサイクルを通じたうつ病理解-発達障害との関連および双極性障害との鑑別のトピックも加えて-, 大分大学大学院教育学研究科心理教育相談室紀要, 2013年
  • 2013年, 学内単一組織, 母親の養育態度に関する研究-母親自身の愛着スタイルと自己受容に焦点をあてて-, 大分大学教育福祉科学部研究紀要, 2014年
  • 2013年, 学内単一組織, 広汎性発達障害児の愛着形成のプロセスに関する研究-母親と子どもの情緒的交流と子どもの児童期の対人関係に焦点を当てて, 大分大学教育福祉科学部附属教育実践総合センター紀要, 2014年

著書等

  • 2005年, 9784422113623, 学外組織, 京大心理臨床シリーズ2心理療法と医学の接点, 第4章小児科との接点 7小児科における心理臨床の“枠組み”と“連携”に関して, 創元社, 2005年, 03月, 共著
  • 2009年, 9784422113678, 学外組織, 京大心理臨床シリーズ7「発達障害」と心理臨床, 第3章保健センターで出会う発達障害の可能性のある子どもとその親への支援, 創元社, 2009年, 03月, 共著
  • 2011年, 9784880028293, 学内複数組織, 不安障害の臨床, 4章不安の心理的メカニズム,11章急性ストレス障害,12章解離性障害,13転換性障害,15治療精神療法の心がまえ, 新興医学出版社, 2011年, 10月, 共著
  • 2011年, 9784779506048, 学内単一組織, 教育臨床の実際-学校で行う心と発達へのトータルサポート, 第3章虐待, ナカニシヤ出版, 2011年, 11月, 共著
  • 2012年, 9784779303685, 学外組織, 授業で使える青年心理学ワークブック, 北樹出版, 2013年, 4月, 共著
  • 2013年, 9784779304187, 学外組織, 授業で使える心理学ワークブック【改訂版】, 北樹出版, 2014年, 4月, 共著

主要所属学会名

  • 日本心理臨床学会, 2000年-2月01日
  • 日本箱庭療法学会, 2004年-2月01日
  • 日本児童思春期精神医学会, 2008年-2月01日
  • 九州精神神経学会, 2010年-2月01日


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.