詳細検索はこちら

鈴木 正志すずき まさし

所属部署名医学部
職名教授
 

教員情報

所属等

    医学部, 耳鼻咽喉科学教授

氏名

    鈴木 正志, すずき まさし

取得学位(1)

  • 医学博士, 大分医科大学, 1988年09月30日

教育の業績

授業担当実績

  • 2004年, 特殊感覚器・頭頚部
  • 2004年, 耳鼻咽喉科学
  • 2004年, 耳鼻咽喉科学
  • 2004年, 介護等体験
  • 2004年, 教育実習,福祉実習
  • 2004年, 工場見学などへの引率
  • 2005年, 特殊感覚器・頭頚部
  • 2005年, 耳鼻咽喉科学
  • 2005年, 耳鼻咽喉科学
  • 2005年, 介護等体験
  • 2005年, 教育実習,福祉実習
  • 2005年, 工場見学などへの引率
  • 2006年, 特殊感覚器・頭頚部
  • 2006年, 耳鼻咽喉科学
  • 2006年, 耳鼻咽喉科学
  • 2006年, 介護等体験
  • 2006年, 教育実習,福祉実習
  • 2006年, 工場見学などへの引率
  • 2007年, 特殊感覚器・頭頚部
  • 2007年, 耳鼻咽喉科学
  • 2007年, 耳鼻咽喉科学
  • 2007年, 介護等体験
  • 2007年, 教育実習,福祉実習
  • 2007年, 工場見学などへの引率
  • 2008年, 特殊感覚器・頭頚部
  • 2008年, 耳鼻咽喉科学
  • 2008年, 耳鼻咽喉科学
  • 2009年, 学部, チュートリアル「特殊感覚器・頭頸部」
  • 2009年, 学部, クリニカルクラークシップ
  • 2009年, 大学院(修士・博士前期), 免疫学特論

研究の業績

研究内容キーワード

    上気道粘膜免疫、中耳・内耳免疫、上気道炎とアレルギー

研究課題

  • 滲出性中耳炎の発症メカニズムの解明, 1988年
  • 内耳の免疫機構の解明, 1991年
  • 病巣性扁桃炎における二次疾患の発症メカニズムの解明, 1994年
  • 中耳炎予防ワクチン開発, 粘膜免疫を高率良く賦活化し、かつ安全に使用できるワクチンを研究している。, 1997年

論文等

  • 2004年, 学内単一組織, 扁桃周囲膿瘍と扁滴 特集扁桃摘出術の適応up date, ENTONI, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, Cytokine expression in experimental choronic otitis media with effusion in mice, Laryngoscope, 2004年
  • 2004年, 学外組織, The role of allergic rhinitis in upper respiratory tract inflammatory diseases, Clin Exp All Rev, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, Intranasal immunization with outer membrane protein P6 and cholera toxin induces specific sinus mucosal immunity and enhances sinus clearance of nontypeable Haemophilus influenzae, Vaccine, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, Dispersion of coils after parent-artery occlusion of radiation-induced internal carotid artery pseudoaneurysm, Am J Neuroradiol, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, Mutations in components of the Wnt signaling pathway in adenoid cystic carcinoma, Modern Pathology, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, 急性喉頭蓋炎における気道確保の適応と方法 特集急性喉頭蓋炎の診療, ENTONI, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, 扁桃周囲膿瘍に対する手術 特集耳鼻咽喉科・頭頸部外科手術とクリニカルパス, JOHNS, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, アレルギー性副鼻腔炎における好酸球浸潤とサイトカイン及びその臨床像, 日本鼻科学会会誌, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, 下咽頭癌NO症例における頚部リンパ節微少転移, 口腔・咽頭科, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, 中耳炎手術前後における細菌検査の検討, 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, 鼻咽腔中の無莢膜型インフルエンザ菌の位相変異の検討, 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, 病巣性扁桃炎とIgA腎症, 感染・炎症・免疫, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, スギ花粉症に対する薬物治療効果と鼻汁中RANTES, Eotaxin, IL-5の測定 ?塩酸セチリジンおよび塩酸エピナスチンの比較?, 耳鼻と臨床, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, 耳下腺多形腺腫再発症例の検討, 頭頸部外科, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, 喉頭悪性線維性組織球腫(MFH)の1症例, 頭頸部外科, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織, CpG motifを用いた鼻咽腔粘膜免疫応答の誘導, 耳鼻咽喉科免疫アレルギー, 2004年
  • 2004年, 学内単一組織
  • 2005年, 学内単一組織, 扁桃周囲膿瘍と扁滴 特集扁桃摘出術の適応up date, ENTONI, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, Cytokine expression in experimental choronic otitis media with effusion in mice, Laryngoscope, 2004年
  • 2005年, 学外組織, The role of allergic rhinitis in upper respiratory tract inflammatory diseases, Clin Exp All Rev, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, Intranasal immunization with outer membrane protein P6 and cholera toxin induces specific sinus mucosal immunity and enhances sinus clearance of nontypeable Haemophilus influenzae, Vaccine, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, Dispersion of coils after parent-artery occlusion of radiation-induced internal carotid artery pseudoaneurysm, Am J Neuroradiol, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, Mutations in components of the Wnt signaling pathway in adenoid cystic carcinoma, Modern Pathology, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, 急性喉頭蓋炎における気道確保の適応と方法 特集急性喉頭蓋炎の診療, ENTONI, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, 扁桃周囲膿瘍に対する手術 特集耳鼻咽喉科・頭頸部外科手術とクリニカルパス, JOHNS, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, アレルギー性副鼻腔炎における好酸球浸潤とサイトカイン及びその臨床像, 日本鼻科学会会誌, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, 下咽頭癌NO症例における頚部リンパ節微少転移, 口腔・咽頭科, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, 中耳炎手術前後における細菌検査の検討, 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, 鼻咽腔中の無莢膜型インフルエンザ菌の位相変異の検討, 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, 病巣性扁桃炎とIgA腎症, 感染・炎症・免疫, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, スギ花粉症に対する薬物治療効果と鼻汁中RANTES, Eotaxin, IL-5の測定 ?塩酸セチリジンおよび塩酸エピナスチンの比較?, 耳鼻と臨床, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, 耳下腺多形腺腫再発症例の検討, 頭頸部外科, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, 喉頭悪性線維性組織球腫(MFH)の1症例, 頭頸部外科, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織, CpG motifを用いた鼻咽腔粘膜免疫応答の誘導, 耳鼻咽喉科免疫アレルギー, 2004年
  • 2005年, 学内単一組織
  • 2005年, 学内単一組織, Dexamethasone inhibits tumor necrosis factor-a- induced cytokine secretion from spiral ligament fibrocytes, Hearing Research, 2005年
  • 2005年, 学内複数組織, Immunohistochemical detection of cervical lymph node micrometastases from T2N0 tongue cancer, Acta Oto-Laryngologica, 2005年
  • 2005年, 学内単一組織, Spontaneous temporomandibular joint herniation into the external auditory canal: A case report and review of the literature, Laryngoscope, 2005年
  • 2005年, 学内複数組織, Stereotactic radiosurgery for recurrent pleomorphic adenoma invading the skull base -Case report-, Neurologia medico-chirurgica, 2005年
  • 2005年, 学内単一組織, 小児顔面神経麻痺症例の検討, 耳鼻咽喉科臨床, 2005年
  • 2005年, 学内単一組織, 扁桃周囲膿瘍症例の検出菌についての検討, 日本口腔・咽頭科学会, 2005年
  • 2005年, 学内単一組織, 扁桃plasmacytoid dendritic cell (PDC)の表面抗原とCpG刺激によるサイトカイン産生能の検討, 日本口腔・咽頭科学会, 2005年
  • 2005年, 学内単一組織, 大分大学医学部(大分県由布市挾間町)におけるスギ花粉飛散予測, アレルギー, 2005年
  • 2005年, 学内単一組織, ステロイド薬の正しい使い方 急性扁桃炎・扁桃周囲炎, ENTONI, 2005年
  • 2006年, 学内単一組織, Eustachian tube possesses immunological characteristics as a mucosal effector site and responds to P6 outer membrane protein of nontypeable Haemophilus influenzae, Vaccine, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, Safety and efficacy of nasal application of CpG oligodeoxynucleotide as a mucosal adjuvant, Laryngoscope, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, Effects of low-intensity focused ultrasound on the mouse submandibular gland, Ultrasound in Med., 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, Nasal vaccination with CpG oligodeoxynucleotide induces protective immunity against nontypeable Haemophilus influenzae in the nasopharynx, Laryngoscope, 2004年
  • 2006年, 学内単一組織, Successful treatment of nasal septum hemangioma with the Harmonic Scalpel, A case report, Auris Nasus Larynx, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, Equilibrium test findings in patients with Bell, Auris Nasus Larynx, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, 頸動脈小体腫瘍の診断と治療, 耳鼻咽喉科臨床, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, アデノイド組織における細菌検査の検討, 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会報, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, 腎移植前に口蓋扁桃摘出術を施行したIgM腎症の1例, 口腔・咽頭科, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, 扁桃周囲膿瘍のクリニカルパス,シリーズ/DPCに対応したクリニカルパスの実際, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, 血管自体の病変,頭頸部の動静脈奇形, JOHNS, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, 小児の急性喉頭蓋炎,特集・小児の耳鼻咽喉頭・頭頸部疾患?診断と治療, 小児外科, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, 浸潤型副鼻腔真菌症の取り扱い, 日本耳鼻咽喉科学会専門医通信, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, 経腹腔的Flt3 ligand投与による鼻粘膜免疫応答の修飾, 耳鼻咽喉科免疫アレルギー研究会誌, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, Interface dermatitis と異型リンパ球浸潤を伴った菊池病の皮膚病変, 診断病理, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, Roll of toll-like receptor 4in innate immune responses in a mouse model of acute otitis media, FEMS Immunol Med Microbiol, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, Tonsillar focal infectious disease involving IgA nephropathy, pustulosis, and ossification, Clin Exp Nephrol, 2006年
  • 2006年, 学内単一組織, Nitric oxide production from cultured spiral ligament fibrocytes: effects of corticosteroids, Acta Otolaryngol (Stockh), 2007年
  • 2006年, 学内単一組織, Clinical significance of elevated osteopontin levels in head and neck cancer patients, Auris Nasus Larynx, 2007年
  • 2006年, 学内単一組織, 頸椎病変の評価に3-D CTが有用であった咽頭違和感を主訴としたForestier病の1例, 日本気管食道科学会誌, 2007年
  • 2006年, 学内単一組織, 耳症状で発症し急速に憎悪した全身型ウェゲナー肉芽腫症の1例, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 2007年
  • 2007年, 学内単一組織, Roll of toll-like receptor 4in innate immune responses in a mouse model of acute otitis media,, FEMS Immunol Med Microbiol, 2007年
  • 2007年, 学内単一組織, Tonsillar focal infectious disease involving IgA nephropathy, pustulosis, and ossification.,, Clin Exp Nephrol, 2007年
  • 2007年, 学内単一組織, .Clinical significance of elevated osteopontin levels in head and neck cancer patients,, Auris Nasus Larynx, 2007年
  • 2007年, 学内単一組織, Local application of CpG oligodeoxynucleotide enhances nontypeable Haemophilus influenzae -specific mucosal IgA responses in the middle ear,, Acta Oto-Laryngologica, 2007年
  • 2007年, 学内単一組織, Tonsillectomy as part of the treatment for IgA nephropathy: cooperation between nephrologists and otolaryngologists,, Clin Exp Nephrol, 2007年
  • 2007年, 学内単一組織, Antibody responses to survivin and their clinical significance in patients with head and neck cancer,, Head, 2007年
  • 2007年, 学内複数組織, Overlapping free bone graft with galea-pericranium in reconstruction of the anterior skull base to prevent CSF leak and sequestrum formation,, Acta Neurochir (Wien), 2007年
  • 2007年, 学内単一組織, 頸椎病変の評価に3-D CTが有用であった咽頭違和感を主訴としたForestier病の1例,, 日本気管食道科学会誌, 2007年
  • 2007年, 学内単一組織, 耳症状で発症し急速に憎悪した全身型ウェゲナー肉芽腫症の1例,, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 2007年
  • 2007年, 学内単一組織, 小児深頸部膿瘍症例の検討,, 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会報, 2007年
  • 2007年, 学内単一組織, 濃厚血小板血漿を用いたコラーゲン膜による鼓膜穿孔閉鎖術,, 耳鼻臨床, 2007年
  • 2007年, 学内単一組織, 前頭洞嚢胞30症例の検討 術式と成績についてー,, 耳鼻臨床, 2007年
  • 2007年, 学内単一組織, 気道確保における経皮的気管切開術と外科的気管切開術の比較検討 ?耳鼻咽喉科医の観点から?,, 日本気管食道科学会会報, 2007年
  • 2007年, 学内複数組織, 扁桃周囲膿瘍の臨床診断で扁桃摘出術が施行された伝染性単核球症の1例,, 診断病理, 2007年
  • 2007年, 学内複数組織, Aberrant methylation in promoter regions of cyclin-dependent kinase inhibitor genes in adenoid cystic carcinoma of the salivary gland,, APMIS, 2008年
  • 2008年, 学内単一組織, Superior laryngeal neuralgia associated with deviation of the hyoid bone, Auris Nasus Larynx, 2008年
  • 2008年, 学内単一組織, Synovial sarcoma of the ethmoidal sinus, Jpn.J. Rhinol, 2008年
  • 2008年, 学内複数組織, 鼻副鼻腔疾患が呼吸機能へ与える影響について, 日本鼻科学会会誌, 2008年
  • 2008年, 学内単一組織, 鼻腔内に発生した逆生歯の3例, 耳鼻咽喉科臨床, 2008年
  • 2008年, 学内複数組織, 頭頸部癌に対するサイバーナイフ療法の初期経験, 耳鼻咽喉科臨床, 2008年
  • 2008年, 学内単一組織, 水痘帯状疱疹ウイルスによる多発脳神経障害をきたした3例, 耳鼻咽喉科臨床, 2008年
  • 2008年, 学内単一組織, 術後性上顎嚢胞, Monthly Book ENTONI, 2008年
  • 2008年, 学内複数組織, 中耳カルチノイドの1例, 診断病理, 2008年
  • 2008年, 学内単一組織, 上咽頭癌に対する化学放射線同時療法?治療効果と有害事象?, 耳鼻咽喉科臨床, 2008年
  • 2009年, 学内単一組織, Isolated frontal sinus aspergillosis treated by endoscopic modified Lothrop procedure, Auris Nasus Larynx, 36, 88-91, 2009, 2009年
  • 2009年, 学内単一組織, Solitary fibrous tumor in the maxillary sinus treated by endoscopic medial maxillectomy, Auris Nasus Larynx, 36, 100-103, 2009, 2009年
  • 2009年, 学内複数組織, Alteration of SMAD4 does not participate in tumorigenesis of adenoid cystic carcinoma of the salivary gland, Molecular Medicine Reports, 2009年
  • 2009年, 学内単一組織, 即時扁摘のクリニカルパス, 耳鼻咽喉科臨床, 2009年
  • 2009年, 学内複数組織, 症例報告 鼻腔・副鼻腔奇形癌肉腫(sinonasal teratocarcinosarcoma)の1例, 診断病理, 2009年
  • 2009年, 学内単一組織, 耳管閉塞によるマウス長期中耳炎病態モデルの解析, 耳鼻咽喉科免疫アレルギー, 2009年
  • 2008年, 学内単一組織, 上気道粘膜免疫ワクチン, 耳鼻咽喉科免疫アレルギー, 2008年
  • 2009年, 学内単一組織, 中耳炎に対するワクチン療法, 日本医師会雑誌, 2009年
  • 2008年, 学内単一組織, 特集 口腔・咽頭科診療における論点,扁桃周囲膿瘍にどう対処するか??即時扁摘の立場から?, JOHNS, 2008年
  • 2009年, 学内単一組織, Endoscopic transnasal resection of ectopic esthesioneuroblastoma in the pterygopalatine fossa, Techinicalcase report, 2009年
  • 2009年, 学内単一組織, The role of Toll like receptor 4 in eliciting acquired immune responses against nontypeable Haemophilus influenzae follwing intranasal immunization with outer membrane protein, International Journal of Pediatric Otorhinolaryngology, 2009年
  • 2009年, 学内単一組織, Prognostic impact of phosphorylcholine expression in nontypeable Haemophilus influenzae in otitis media with effusion, Acta Oto-Laryngologica, 2009年
  • 2009年, 学内単一組織, 視力障害を来し不幸な転帰をたどった蝶形骨洞真菌症の1例, 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌, 2009年
  • 2009年, 学内単一組織, 咽喉頭異常感症に対するFスケール問診票と咽喉頭異常感スコアの検討, 耳鼻咽喉科臨床, 2009年
  • 2009年, 学内単一組織, 扁桃周囲膿瘍・深頸部膿瘍への対応, 日本耳鼻咽喉科学会専門医通信, 2009年
  • 2009年, 学外組織, 複数の粘膜溢血班を伴った吸血性ヒルによる鼻出血例, 耳鼻咽喉科臨床, 2009年
  • 2009年, 学内単一組織, 耳鼻咽喉科医によるOpen Septorhinoplasty症例 −鼻閉と整容の改善を目的として−, 日本鼻科学会会誌, 2009年
  • 2009年, 学内単一組織, 特集 耳鼻咽喉科アレルギーの治療薬update,耳のアレルギー疾患−滲出性中耳炎とアレルギーの関わり−, Monthly Book ENTONI, 2009年
  • 2009年, 学内単一組織, 耳下腺腫瘍と診断された第1鰓裂嚢胞および瘻孔症例の2例, 口腔・咽頭科学会, 2009年
  • 2009年, 学内単一組織, 滲出性中耳炎とアレルギー 再検証, 耳鼻咽喉科臨床, 2009年

著書等

  • 2004年, 学内単一組織, 耳鼻咽喉科山県, 日耳鼻山形県地方部会, 2004年,1月, 2004,10月, 単著
  • 2004年, 学内単一組織, 今日の治療指針, 医学書院, 2004年,5月, 2004,5月, 単著
  • 2007年, 学内単一組織, 特集アレルギー性鼻炎治療の今後,Q&Aでわかるアレルギー疾患, アレルギー性鼻炎と中耳性の関係は?, 丹水社,東京, 2007年, 共著
  • 2007年, 学内単一組織, 実験医学,清野 宏 編,, 粘膜免疫からの感染と免疫応答機構, 羊土社, 2008年, 2008月, 共著
  • 2007年, 鼻アレルギーフロンティア,, メディカルレビュー社, 2007年, 2007月, 共著
  • 2008年, 学内単一組織, 今日の治療指針 ?私はこう治療している?2008年版(山口 徹,北原光夫,福井次矢 編), 医学書院, 2008年, 2008月, 共著
  • 2008年, 学内単一組織, 今日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科治療指針 第3版,(森山 寛,岸本誠司,小林俊光,川内秀之 編), 医学書院, 2008年, 2008月, 共著
  • 2009年, 学内単一組織, 3.咽頭−基礎編 発生と解剖,口腔咽頭の臨床 第2版,日本口腔・咽頭科学会編, 医学書院,東京, 2009年, 共著
  • 2009年, 学内単一組織, 5.急性咽頭・扁桃炎,小児耳鼻咽喉科診療指針 第1版,日本小児耳鼻咽喉科学会編, 金原出版,東京, 2009年, 共著
  • 2009年, 学内複数組織, 前頭蓋底再建法の検討,脳腫瘍の外科,河本圭司 編, メディカ出版,大阪, 2009年, 共著

主要所属学会名

  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会
  • 日本鼻科学会
  • 日本耳科学会
  • 日本気管食道科学会
  • 日本アレルギー科学会
  • 耳鼻咽喉科臨床学会
  • 日本口腔・咽頭科学会
  • 日本頭頸部腫瘍学会
  • 日本頭頸部外科学会
  • 日本感染症学会
  • 頭頸部自律神経研究会
  • 日本耳鼻咽喉科感染症研究会
  • 日本頭頸部癌学会
  • 日本嚥下研究会

科学研究費補助金-課題

  • 上気道粘膜における免疫監視、免疫制御誘導の解明, 2007-2009, 代表
  • 樹状細胞を標的とした上気道粘膜ワクチン開発―上気道炎と頭頸部癌への応用―, 2008-2010, 分担
  • 頭頚部癌におけるTLRの発現と生物学的意義の解明, 2009-2011, 分担

科学研究費補助金-課題(10年)

  • 基盤研究(C):内リンパ水腫の成因ーラセン靭帯、内リンパ嚢の役割ー, 1995-1997, 分担
  • 基盤研究(C):内耳における炎症細胞動態の解明, 1996-1998, 代表
  • 基盤研究(A):上気道粘膜免疫機構と経鼻粘膜ワクチン開発の研究, 1998-1999, 分担
  • 基盤研究(C):中耳炎発症最前線における分子生物学的動態の解明ー不死化耳管上皮細胞培養系でのウイルス感染時の動的変化ー, 1999-2001, 代表

社会貢献の業績

社会的活動等

  • 2007, 身体障害者巡回相談(大分県)
  • 2007, 耳の日無料相談会
  • 2008, 身体障害者巡回相談(大分県)
  • 2008, 耳の日無料相談会
  • 2009, 身体障害者巡回相談(大分県)
  • 2009, 耳の日無料相談会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.