詳細検索はこちら

柳井 智彦やない ともひこ

所属部署名教育学部
職名教授
 

教員情報

所属等

    教育学部, 言語教育教授

氏名

    柳井 智彦, やない ともひこ

取得学位(1)

  • 教育学修士, 広島大学, 1980年03月

教育の業績

授業担当実績

  • 2004年, 総合英語前期
  • 2004年, 総合英語後期
  • 2004年, オーラルイングリッシュ前期
  • 2004年, オーラルイングリッシュ後期
  • 2004年, 英語教育演習I
  • 2004年, 英語教育演習II
  • 2004年, 英語音声訓練
  • 2004年, 英語科指導法
  • 2004年, 卒業課題研究前期
  • 2004年, 卒業課題研究後期
  • 2004年, 総合演習
  • 2004年, 介護等体験
  • 2004年, 教育実習,福祉実習
  • 2004年, 工場見学などへの引率
  • 2005年, 1年オーラルイングリッシュ前期
  • 2005年, 1年オーラルイングリッシュ後期
  • 2005年, 2年オーラルイングリッシュ前期
  • 2005年, 2年オーラルイングリッシュ後期
  • 2005年, 英語教育演習I
  • 2005年, 英語教育演習II
  • 2005年, 英語音声訓練
  • 2005年, 英語科指導法
  • 2005年, 卒業課題研究前期
  • 2005年, 卒業課題研究後期
  • 2005年, 英語I(工学部)
  • 2005年, 介護等体験
  • 2005年, 教育実習,福祉実習
  • 2005年, 工場見学などへの引率
  • 2006年, 1年オーラルイングリッシュ前期
  • 2006年, 1年オーラルイングリッシュ後期
  • 2006年, 応用英語E前期
  • 2006年, 応用英語E後期
  • 2006年, 英語教育演習I
  • 2006年, 英語教育演習II
  • 2006年, 英語音声訓練
  • 2006年, 英語科指導法
  • 2006年, 卒業課題研究前期
  • 2006年, 卒業課題研究後期
  • 2006年, 介護等体験
  • 2006年, 教育実習,福祉実習
  • 2006年, 工場見学などへの引率
  • 2007年, 1年オーラルイングリッシュ前期
  • 2007年, 1年オーラルイングリッシュ後期
  • 2007年, 応用英語E前期
  • 2007年, 応用英語E後期
  • 2007年, 英語教育演習I
  • 2007年, 英語教育演習II
  • 2007年, 英語音声訓練
  • 2007年, 英語科指導法
  • 2007年, 卒業課題研究前期
  • 2007年, 卒業課題研究後期
  • 2007年, 介護等体験
  • 2007年, 教育実習,福祉実習
  • 2007年, 工場見学などへの引率
  • 2008年, 1年オーラルイングリッシュ前期
  • 2008年, 1年オーラルイングリッシュ後期
  • 2008年, 応用英語E前期
  • 2008年, 応用英語E後期
  • 2008年, 英語教育演習I
  • 2008年, 英語教育演習II
  • 2008年, 英語音声訓練
  • 2008年, 英語科指導法
  • 2008年, 卒業課題研究前期
  • 2008年, 卒業課題研究後期
  • 2008年, 介護等体験
  • 2008年, 教育実習,福祉実習
  • 2008年, 工場見学などへの引率
  • 2009年, 学部, オーラルイングリッシュ
  • 2009年, 学部, 応用英語E
  • 2009年, 学部, 英語教育演習II
  • 2009年, 学部, 英語音声訓練
  • 2009年, 学部, 英語科指導法
  • 2009年, 学部, 卒業課題研究
  • 2009年, 大学院(修士・博士前期), 課題研究
  • 2009年, 大学院(修士・博士前期), 英語科教育実践研究II
  • 2009年, 大学院(修士・博士前期), 英語科教育特論I
  • 2009年, 大学院(修士・博士前期), 英語教育演習I

研究の業績

研究分野

    英語教育学

研究課題

  • ①英語教育技術論(Classroom Techniques in English Teaching), 英語の授業に有効な具体的指導技術を,実践的に研究する。中学校教師を中心とする全国的な研究組織グループを組織し,過去20年にわたって,教室の現実に有効な方法・技術を集めており,その中から実践の原則・法則性を追求してきている。その成果は10冊あまりの著書として公にした。
  • ②英語授業研究(Classroom Oriented Research in TEFL), 上記のデータを元に,優れた英語授業の特質を研究する。経験的な実践原理を抽出するとともに,実証的な裏付けを計量的な方法によって行う。授業映像をもとにさまざまな分析手法を適用して教授行動と学習との関連を探る。教授行動をより効果的な方向に導くようなガイドラインの作成を目標とする。
  • スピーキング指導論(Teaching Oral communicaiton Skills), 言語習得理論に基づいて、英語のスピーキング能力を伸長させるための方法論を研究している。開発した方法は必ず実践をくぐらせている。
  • ①英語教育方法論, 英語の授業に有効な具体的指導方法を,実践的に研究する。中学校教師を中心とする全国的な研究組織グループを組織し,過去20年にわたって,教室の現実に有効な方法・技術を集めており,その中から実践の原則・法則性を追求してきている。その成果は10冊あまりの著書として公にした。
  • ②英語授業研究, 上記のデータを元に,優れた英語授業の特質を研究する。経験的な実践原理を抽出するとともに,実証的な裏付けを計量的な方法によって行う。授業映像をもとにさまざまな分析手法を適用して教授行動と学習との関連を探る。教授行動をより効果的な方向に導くようなガイドラインの作成を目標とする。
  • スピーキング指導論, 言語習得理論に基づいて、英語のスピーキング能力を伸長させるための方法論を研究している。開発した方法は必ず実践をくぐらせている。
  • ①英語教育方法論, 英語の授業に有効な具体的指導方法を,実践的に研究する。中学校教師を中心とする全国的な研究組織グループを組織し,過去20年にわたって,教室の現実に有効な方法・技術を集めており,その中から実践の原則・法則性を追求してきている。その成果は10冊あまりの著書として公にした。
  • ②英語授業研究, 上記のデータを元に,優れた英語授業の特質を研究する。経験的な実践原理を抽出するとともに,実証的な裏付けを計量的な方法によって行う。授業映像をもとにさまざまな分析手法を適用して教授行動と学習との関連を探る。教授行動をより効果的な方向に導くようなガイドラインの作成を目標とする。
  • ③スピーキング指導論, 言語習得理論に基づいて、英語のスピーキング能力を伸長させるための方法論を研究している。開発した方法は必ず実践をくぐらせている。
  • ①英語教育方法論, 英語の授業に有効な具体的指導方法を,実践的に研究する。中学校教師を中心とする全国的な研究組織グループを組織し,過去20年にわたって,教室の現実に有効な方法・技術を集め,その中から実践の原則・法則性を追求してきた。その成果は10冊あまりの著書として公にした。
  • ②英語授業研究, 優れた英語授業の特質を研究する。経験的な実践原理を抽出するとともに,実証的な裏付けを計量的な方法によって行う。教授行動をより効果的な方向に導くようなガイドラインの作成を目標とする。
  • ③スピーキング指導論, 言語習得理論に基づいて、英語のスピーキング能力を伸長させるための方法論を研究している。開発した方法は必ず実践をくぐらせている。
  • ①英語教育方法論, 英語の授業に有効な具体的指導方法を,実践的に研究する。中学校教師を中心とする全国的な研究組織グループを組織し,過去20年にわたって,教室の現実に有効な方法・技術を集め,その中から実践の原則・法則性を追求してきた。その成果は10冊あまりの著書として公にした。
  • ②英語授業研究, 優れた英語授業の特質を研究する。経験的な実践原理を抽出するとともに,実証的な裏付けを計量的な方法によって行う。教授行動をより効果的な方向に導くようなガイドラインの作成を目標とする。
  • ③スピーキング指導論, 言語習得理論に基づいて、英語のスピーキング能力を伸長させるための方法論を研究している。開発した方法は必ず実践をくぐらせている。, 2001年

論文等

  • 2004年, 単著, 体験から得たワーク作成の問題点, 現代教育科学, 2004年
  • 2004年, 単著, 中学校英語の授業マニフェスト, 授業研究21, 2004年
  • 2004年, 単著, 「中学からでOK・ネイティブは不要論」の骨子, 総合的学習を創る, 2005年
  • 2004年, 学内単一組織, スピーキング能力の養成とReflection: 書き取り修正法と再作文法の比較実践, 九州英語教育学会, 2004年
  • 2005年, 単著, 小学校英語導入:校内討議の焦点はどこか, 学校マネジメント, 2005年
  • 2005年, 単著, The long-term effects of reflective activities on oral output, 大分大学教育福祉科学部研紀要, 2005年
  • 2005年, 学内単一組織, 練習時の応答時間がスピーキングテストの成績に及ぼす影響, 九州英語教育学会紀要, 2005年
  • 2007年, 単著, Semantic Pattern Practiceの提案, 九州英語教育学会紀要, 2007年
  • 2007年, 学外組織, 小学校英語活動の成果:教室からの発信, 九州英語教育学会紀要, 2007年
  • 2008年, 単著, アニメーションによるexemplarを活用した意味表出の指導法, 中国地区英語教育学会紀要, 2008年
  • 2009年, 単著, Semantic Pattern Practice: Flashによる教材とその成果, 九州英語教育学会 紀要, 2009年
  • 2012年, 単著, 名詞句の複雑さとplanning scopeに関する心理言語学的実験, 九州英語教育学会 紀要, 2012年
  • 2012年, 学内単一組織, L2 Learners’ Scope of Sentence Planning : Effects From Phrase Types and Picture Preview, ARELE(全国英語教育学会紀要), 2012年

著書等

  • 2008年, 学外組織, 新しい学びを拓く英語科授業の理論と実践, ミネルヴァ書房, 2009年,3月, 2009,3月, 共著

主要所属学会名

  • 九州英語教育学会
  • 中国地区英語教育学会
  • 全国英語教育学会
  • 日本教育技術学会
  • 九州英語教育学会(評議員),全国英語教育学会、大学英語教育学会、中国地区英語教育学会、日本教育技術学会
  • 九州英語教育学会
  • 中国地区英語教育学会
  • 全国英語教育学会
  • 日本教育技術学会
  • 九州英語教育学会(評議員),全国英語教育学会、大学英語教育学会、中国地区英語教育学会、日本教育技術学会
  • 全国英語教育学会
  • 九州英語教育学会
  • 中国地区英語教育学会
  • 大学英語教育学会
  • 全国英語教育学会
  • 九州英語教育学会
  • 中国地区英語教育学会
  • 大学英語教育学会
  • 全国英語教育学会
  • 九州英語教育学会

科学研究費補助金-課題

  • マルチメディアを活用したセマンティック・パタンプラクティスの開発, 2007-2009, 代表
  • マルチメディアを活用したセマンティック・パタンプラクティスの開発, 2007-2009, 代表
  • 英語による絵描写の文産出家庭の解明とその支援に関する心理言語学的実験, 2011-2013, 代表

社会貢献の業績

社会的活動等

  • 2008

国際研究プロジェクト

  • 2008


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.