詳細検索はこちら

古家 賢一ふるや けんいち

所属部署名理工学部
職名教授
 

教員情報

所属等

    理工学部, 知能情報システム工学科・知能システム教授

氏名

    古家 賢一, ふるや けんいち

取得学位(1)

  • 博士(芸術工学), 九州大学, 2005年12月

連絡先等

    大分県大分市大字旦野原700番地

教育の業績

授業担当実績

  • 2002年, 学部, 電気音響
  • 2003年, 学部, 電気音響
  • 2004年, 学部, 電気音響
  • 2005年, 学部, 電気音響
  • 2006年, 学部, 電気音響
  • 2007年, 学部, 電気音響
  • 2008年, 学部, マルチメディア
  • 2009年, 大学院(修士・博士前期), 音楽音響処理特論
  • 2009年, 学部, マルチメディア
  • 2010年, 学部, マルチメディア
  • 2011年, 学部, マルチメディア
  • 2012年, 学部, マルチメディア
  • 2013年, 学部, 情報論理学I
  • 2013年, 大学院(修士・博士前期), 音メディア処理特論
  • 2013年, 学部, ヒューマン・インタフェース
  • 2013年, 学部, 情報論理学
  • 2013年, 学部, 情報科学の世界
  • 2013年, 学部, 計算機科学概論

研究の業績

研究分野

    知能情報学

研究内容キーワード

    音響、音声、マイクロホンアレー、スピーカアレー

研究課題

  • 重み付き最小二乗逆フィルタ計算による雑音・残響環境下での音声強調処理の品質改善, TV 会議や音声会議などのハンズフリー通信のような残響と雑音が同時に存在する環境での音声強 調手法を提案する.本手法では,残響抑圧に用いられる逆フィルタ計算へ,雑音パワーを抑圧するための雑音抑

論文等

  • 1990年, 学外組織, 空間分離能を持つ受波の原理, 日本音響学会誌, 1990年
  • 1990年, 学外組織, A new Principle of Sound Reception with Spatial Separability, Acustica, 1990年
  • 1991年, 学外組織, 高速ハートレー変換の計算誤差における有限レジスタ長の影響, 電子情報通信学会論文誌, 1991年
  • 1994年, 学外組織, Calculation of room impulse responses by treating multiple diffraction as a chain of linear filtering processes, Proc. of the Sabin Centennial Symposium, 1994年
  • 1997年, 学外組織, Two-channel blind deconvolution for nonminimum phase impulse responses, Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 1997年
  • 1997年, 学外組織, Two-channel blind deconvolution for nonminimum phase FIR systems, IEICE Trans. Fundamentals, 1997年
  • 1998年, 学外組織, Compensation of speaker directivity in speech recognition using HMM composition, Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 1998年
  • 2000年, 学外組織, Mechanism of the sweep sounds perceived in a regular-shaped reverberation room, J. Acoust. Soc. Jpn, 2000年
  • 2000年, 学外組織, Mechanism of the low speed sweep sound perceived in a regular-shaped reverberation room, J. Acoust. Soc. Jpn., 2000年
  • 2001年, 学外組織, Noise reduction and dereverberation using correlation matrix based on the multiple-input/output inverse-filtering theorem (MINT), Proc. Workshop on Hands-Free Speech Communication, 2001年
  • 2001年, 学外組織, Sound source segregation based on estimating incident angle for hands-free speech recognition, Proc. Workshop on Hands-Free Speech Communication, 2001年
  • 2001年, 学外組織, 近接音場型Filter-and-Sum アレーを用いた出力音劣化の改善, 電子情報通信学会論文誌, 2001年
  • 2002年, 学外組織, Sweeping echoes perceived in a regularly shaped reverberation room, J. Acoust .Soc. Am., 2002年
  • 2002年, 学外組織, Sweeping echoes in two-dimensional reverberant space, Acoust. Sci., 2002年
  • 2002年, 学外組織, Real time source separation based on sound localization in a reverberant environment, IEEE International Workshop on  Neural Networks for Signal Processing, 2002年
  • 2002年, 学外組織, Talker-Tracking Microphone Array for Teleconferencing Systems, AES 113th Convention, 2002年
  • 2003年, 学外組織, 複数仮想音源を用いた適応型マイクロホンアレイ, 電子情報通信学会論文誌, 2003年
  • 2003年, 学外組織, 位置が未知である複数のマイクロホンを用いたブラインド音源位置推定, 電子情報通信学会論文誌, 2003年
  • 2003年, 学外組織, An adaptive microphone array for howling cancellation, J. Acoust. Soc. Jpn, 2003年
  • 2004年, 学外組織, ハウリング抑圧マイクロホンアレIイ, 日本音響学会誌, 2004年
  • 2004年, 学外組織, エコーキャンセラ一体型マイクロホンアレー, 電子情報通信学会論文誌, 2004年
  • 2004年, 学外組織, 残響下における音源分離方式SAFIA の性能改善, 電子情報通信学会論文誌, 2004年
  • 2004年, 学外組織, 方向別自動音量調整マイクロホンアレー, 電子情報通信学会論文誌, 2004年
  • 2005年, 学外組織, 音源分離方式SAFIA を用いた高騒音下における近接音源の分離抽出, 電子情報通信学会論文誌, 2005年
  • 2005年, 学外組織, A hands-free unit with adaptive microphone array for directional AGC, Proc. International Workshop on Acoustic Echo and Noise Control, 2005年
  • 2005年, 学外組織, Noise Reduction Method Based on SAFIA for Formula 1 Car Racing, Proc. International Workshop on Acoustic Echo and Noise Control, 2005年
  • 2005年, 学外組織, チャネル間相関行列と音声の白色化フィルタを用いたSemiblind残響抑圧, 電子情報通信学会論文誌, 2005年
  • 2006年, 学外組織, リアルタイム残響抑圧処理のための入力相関関数行列の性質に基づく共役勾配法の高速化, 電子情報通信学会論文誌, 2006年
  • 2006年, 学外組織, Speech Dereverberation by Combining MINT-Based Blind Deconvolution and Modified Spectral Subtraction, Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 2006年
  • 2006年, 学外組織, Enhancement of Sound Source Surrounded by Ambient Noise Using Pair of Microphone Arrays, Proc. International Workshop on Acoustic Echo and Noise Control, 2006年
  • 2006年, 学外組織, Hybrid Dereverberation Using Blind Deconvolution and Spectral Subtraction to Compensate for Motion of Source, Proc. InternationalWorkshop on Acoustic Echo and Noise Control, 2006年
  • 2006年, 学外組織, 聴覚障害者支援を目的とした振動による報知音の伝達方法とその有効性, 電子情報通信学会論文誌, 2006年
  • 2007年, 学外組織, Robust speech dereverberation using multichannel blind deconvolution with spectral subtraction, IEEE Trans. On Audio, Speech, and Language Processing, 2007年
  • 2007年, 学外組織, 雑音環境下における報知音伝達システムとその有効性, 2007年
  • 2007年, 学外組織, An approach to solve local minimum problem in sound source and microphone localization, IEICE Trans. Fundamentals, 2007年
  • 2008年, 学外組織, Enhancement of sound sources located within a particular area using a pair of small microphone arrays, IEICE Trans. Fundamentals, 2008年
  • 2008年, 学外組織, クロストークキャンセラを用いたステレオ信号の受聴領域拡大方式, 電子情報通信学会論文誌, 2008年
  • 2008年, 学外組織, A Hands-Free Unit with Noise Reduction by Using Adaptive Beamformer, IEEE Trans. on Consumer Electronics, 2008年
  • 2008年, 学外組織, Enhancement of Sounds in a Specific Directional Area using Power Spectra estimated from Multiple Beamforming Outputs, Proc. Joint Workshop on Hands-free Speech Communication and Microphone Arrays, 2008年
  • 2008年, 学外組織, 残響抑圧処理による音声品質改善効果の要因分析, 電子情報通信学会論文誌, 2008年
  • 2008年, 学外組織, Noise robust speech dereverberation using constrained inverse filter, Proc. Interspeech, 2008年
  • 2008年, 学外組織, 位置が未知である複数マイクロホンアレーと距離測定スピーカを用いた音源位置推定, 電子情報通信学会論文誌, 2008年
  • 2009年, 学外組織, Speech enhancement in a 2-dimensional area based on power spectrum estimation of multiple areas with investigation of existence of active sources, Proc. Interspeech 2009, 2009年
  • 2010年, 学外組織, Estimation of sound source orientation using eigenspace of spatial correlation matrix, Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 2010年
  • 2010年, 学外組織, Estimating direct-to-reverberation energy ratio based on spatial correlation model segregating direct sound and reverberation, Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 2010年
  • 2010年, 学外組織, 重み付き最小二乗逆フィルタ計算による雑音・残響環境下での音声強調処理の品質改善, 電子情報通信学会論文誌, 2010年
  • 2010年, 学外組織, Inverse wave propagation in wave field synthesis, 40th International Conference of Audio Engineering Society, 2010年
  • 2011年, 学外組織, Improving Power Spectra Estimation in 2-Dimensional Areas Using Number of Active Sound Sources, IEICE Trans. Fundamentals, 2011年
  • 2011年, 学外組織, Measuring Sweeping Echoes in Rectangular Cross-Section Reverberant Fields, Acta Acustica, 2011年
  • 2011年, 学外組織, A Design of multipole loudspeaker array based on spherical harmonic expansion, Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 2011年
  • 2011年, 学外組織, Inverse Wave Propagation for Reproducing Virtual Sources in front of Loudspeaker Array, Proc. The 19th European Signal Processing Conference EUSIPCO, 2011年
  • 2011年, 学外組織, Sound Field Recording and Reproduction Using Transform Filter Designed in Spatio-Temporal Frequency Domain, Proc. AES 131th Convention, 2011年
  • 2011年, 学外組織, Design of the transform filter for sound field reproduction using a pair of microphone and loudspeaker array, Proc.IEEE Workshop on Applications of Signal Processing to Audio and Acoustics, 2011年
  • 2011年, 学外組織, Evanecentwave reproduction using linear arrays of loud speakers, Proc.IEEE Workshop on Applications of Signal Processing to Audio and Acoustics, 2011年
  • 2011年, 学外組織, Evaluating small endfire loudspeaker array under various reverberations, Acoust. Sci. & Tech., 2011年
  • 2011年, 学外組織, Estimating Direct-to-Reverberant Energy Ratio Using D/R Spatial Correlation Matrix Model, IEEE Trans. on Audio, Speech, and Language Processing, 2011年
  • 2012年, 学外組織, Super-directive beamforming using microphone array and single reflector, Proc. IEEE International Conference on Consumer Electronics, 2012年
  • 2012年, 学外組織, Telescopic microphone array using reflector for segregating target source from noises in same direction, Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 2012年
  • 2012年, 学外組織, Diffused sensing for sharp directivity microphone array, Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 2012年
  • 2012年, 学外組織, Design of transform filter for reproducing arbitrarily shifted sound field using phase-shift of spatio-temporal frequency, Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 2012年
  • 2012年, 学外組織, Localized sound reproduction using circular loudspeaker array based on acoustic evanescent wave, Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 2012年
  • 2012年, 学外組織, Reproducing Virtual Sound Sources in Front of a Loudspeaker Array Using Inverse Wave Propagator, IEEE Trans. on Audio, Speech, and Language Processing, 2012年
  • 2012年, 学外組織, Sound field reproduction method in spatio-temporal frequency domain considering directivity of loudspeakers, Proc. AES 132th Convention, 2012年
  • 2012年, 学外組織, Posterior Residual Echo Canceling and its Complexity Reduction in the Wave Domain, Proc. International Workshop on Acoustic Signal Enhancement, 2012年
  • 2012年, 学外組織, Estimation of Direct-to-Reverberation Energy Ratio Based On Isotropic and Homogeneous Propagation Model, Proc. International Workshop on Acoustic Signal Enhancement, 2012年
  • 2012年, 学外組織, Angular region-wise speech enhancement for hands-free speakerphone, 1st IEEE Global Conference on Consumer Electronics 2012, GCCE 2012, 2012年
  • 2012年, 学外組織, Angular region-wise speech enhancement for hands-free speakerphone, IEEE Transactions on Consumer Electronics, 2012年
  • 2013年, 学外組織, Analytical approach to wave field reconstruction filtering in spatio-temporal frequency domain, IEEE Transactions on Audio, Speech and Language Processing, 2013年
  • 2013年, 学外組織, Evaluation of Microphone Array Based on Diffused Sensing with Various Filter Design Methods, Proc. The 21th European Signal Processing Conference EUSIPCO, 2013年
  • 2013年, 学外組織, Improvement using circular harmonics beamforming on reverberation problem of wave field reconstruction filtering, Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 2013年
  • 2013年, 学外組織, Sound field reproduction using multiple linear arrays based on wave field reconstruction filtering in helicalwave spectrum domain, Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 2013年
  • 2013年, 学外組織, Underdetermined Sound Source Separation Using Power Spectrum Density Estimated by Combination of Directivity Gain, IEEE Trans. on Audio, Speech, and Language Processing, 2013年
  • 2013年, 学外組織, Analytical Approach to Wave Field Reconstruction Filtering in Spatio-Temporal Frequency Domain, IEEE Trans. on Audio, Speech, and Language Processing, 2013年
  • 2013年, 学外組織, Sharp directive beamforming using microphone array and planar reflector, Acoust. Sci. & Tech., 2013年
  • 2013年, 学外組織, Diffused sensing for sharp directive beamforming, IEEE Trans. on Audio, Speech, and Language Processing, 2013年
  • 2013年, 学外組織, An estimation method of sound source orientation using eigenspace variation of spatial correlation matrix, IEICE Trans. Fundamentals, 2013年
  • 2013年, 学外組織, 球調和関数展開に基づく多重極音源を用いた指向性合成, 日本音響学会誌, 2013年
  • 2014年, 学外組織, Close-talking spherical microphone array using sound pressure interpolation based on spherical harmonic expansion, Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 2014年
  • 2014年, 学外組織, Real-time sound field transmission system by using wave field reconstruction filter and its evaluation, IEICE Trans. Fundamentals, 2014年
  • 2014年, 学外組織, Sound field simulation for circular array based on spatial circular convolution, Acoust. Sci. & Tech., 2014年
  • 2014年, 学外組織, 球面調和関数展開に基づく2種類の超接話マイクロホンアレイ, 電子情報通信学会論文誌A, 2014年
  • 2014年, 学外組織, Wave Field Reconstruction Filtering in Cylindrical Harmonic Domain for With-Height Recording and Reproduction, IEEE Trans. on Audio, Speech, and Language Processing, 2014年

工業所有権等

  • 1997年, 音圧制御装置, 1997年11月14日
  • 1998年, 音場制御法, 1998年04月03日
  • 2002年, 収音方法およびその装置, 2002年07月26日
  • 2002年, 目的音源領域検出方法およびその装置, 2002年07月26日
  • 2002年, 受話状態検出方法およびその装置, 2002年08月23日
  • 2002年, エコーキャンセラ装置, 2002年10月04日
  • 2002年, 場内拡声方法およびその装置, 2002年12月06日
  • 2003年, 収音装置, 2003年03月20日
  • 2004年, 収音方法およびその装置, 2004年01月23日
  • 2004年, 発音体指向性補正方法およびその装置, 2004年04月02日
  • 2004年, 重み符号帳の作成方法及び符号帳設計時における学習時のMA予測係数の初期値の設定方法並びに音響信号の符号化方法及びその復号方法並びに符号化プログラムが記憶されたコンピュータに読み取り可能な記憶媒体及び復号プログラムが記憶されたコンピュータに読み取り可能な記憶媒体, 2004年07月23日
  • 2004年, 収音方法および収音装置, 2004年08月06日
  • 2004年, 収音装置及び受信装置, 2004年08月06日
  • 2004年, 収音装置および収音方法, 2004年08月20日
  • 2004年, 収音装置、収音・音源分離装置及び収音方法、収音・音源分離方法並びに収音プログラム、収音・音源分離プログラムを記録した記録媒体, 2004年09月24日
  • 2005年, 残響除去方法及び装置, 2005年02月25日
  • 2005年, 音響再生方法、音響再生装置、超音波発生プログラム, 2005年04月15日
  • 2005年, 効果音生成方法、その装置およびプログラム記録媒体, 2005年07月08日
  • 2005年, 収音装置、方法及びプログラム、記録媒体, 2005年09月09日
  • 2005年, 音源受音位置推定方法、装置、およびプログラム, 2005年09月16日
  • 2005年, ズーム推定方法、装置、ズーム推定プログラム、および同プログラムを記録した記録媒体, 2005年11月11日
  • 2006年, 収音装置、収音方法、収音プログラムおよび記録媒体, 2006年02月03日
  • 2006年, 収音装置, 2006年02月20日
  • 2006年, 音源分離方法、その装置及びプログラム, 2006年03月10日
  • 2006年, 音声処理装置、音声処理方法、音声処理プログラム, 2006年03月31日
  • 2006年, 収音方法、収音装置、および収音プログラム, 2006年11月10日
  • 2007年, エコー抑圧方法、装置、およびプログラム, 2007年06月15日
  • 2008年, 収音方法及び収音装置, 2008年04月04日
  • 2008年, 収音方法、収音装置、収音プログラム、およびこれを記録した記録媒体, 2008年04月25日
  • 2008年, 収音方法、その装置、そのプログラム、およびその記録媒体, 2008年05月02日
  • 2008年, 信号抽出方法、信号抽出装置、拡声装置、送話装置、受信装置、信号抽出プログラム、これを記録した記録媒体, 2008年08月22日
  • 2008年, 多チャネル符号化装置, 2008年09月26日
  • 2009年, 音源分離学習方法、装置、プログラム、音源分離方法、装置、プログラム、記録媒体, 2009年01月23日
  • 2009年, 雑音抑圧方法、雑音抑圧装置、雑音抑圧プログラム, 2009年01月30日
  • 2009年, 収音方法、装置、プログラム、および記録媒体, 2009年04月24日
  • 2009年, 音響結合量推定方法、音響結合量推定装置、プログラム、記録媒体, 2009年10月02日
  • 2009年, ハウリング防止方法、装置、プログラム、及びこのプログラムを記録した記録媒体, 2009年10月02日
  • 2009年, 周期性ノイズ抑圧方法、周期性ノイズ抑圧装置、周期性ノイズ抑圧プログラム, 2009年11月27日
  • 2009年, 非定常雑音判別方法、その装置、そのプログラム及びその記録媒体, 2009年11月27日
  • 2009年, エコー抑圧方法、装置、エコー抑圧プログラム、記録媒体, 2009年11月27日
  • 2009年, 音源位置・受音位置推定方法、その装置、そのプログラム、およびその記録媒体, 2009年12月11日
  • 2010年, 収音方法、収音装置、収音プログラム, 2010年01月15日
  • 2010年, 収音装置、プログラム及びこれを記録した記録媒体, 2010年03月12日
  • 2010年, 音像定位強調再生方法、及びその装置とそのプログラムと、その記憶媒体, 2010年04月16日
  • 2010年, 収音方法、収音装置、収音プログラム, 2010年05月28日
  • 2010年, 近接音分離収音方法、近接音分離収音装置、近接音分離収音プログラム、記録媒体, 2010年06月18日
  • 2010年, ダブルトーク状態判定方法、その方法を用いた反響消去装置、そのプログラム及びその記録媒体, 2010年07月02日
  • 2010年, ハウリング防止方法、その装置、そのプログラムおよびその記録媒体, 2010年07月16日
  • 2010年, 音響結合量推定方法、その装置、そのプログラム及びその記録媒体, 2010年07月30日
  • 2010年, 収音装置とその方法とそのプログラムとその記録媒体, 2010年08月13日
  • 2010年, 信号抽出装置, 2010年10月22日
  • 2010年, 収音再生装置, 2010年10月29日
  • 2011年, 雑音抑圧方法、雑音抑圧装置、雑音抑圧プログラム, 2011年03月11日
  • 2011年, エコー消去方法、装置、プログラム、および記録媒体, 2011年03月11日
  • 2011年, エコー消去装置、その方法、そのプログラム、およびその記録媒体, 2011年03月25日
  • 2011年, 特定方向収音装置、特定方向収音プログラム、記録媒体, 2011年04月15日
  • 2011年, 音声収音装置、その方法、そのプログラム、およびその記録媒体, 2011年07月22日
  • 2011年, 収音装置、収音方法、その方法を用いた収音プログラム、および記録媒体, 2011年12月16日
  • 2012年, 収音装置、収音方法、その方法を用いた収音プログラム、および記録媒体, 2012年02月17日
  • 2012年, 特定方向収音装置、特定方向収音方法、特定方向収音プログラム、記録媒体, 2012年02月17日
  • 2012年, 信号抽出装置、その方法、およびそのプログラム, 2012年02月24日
  • 2012年, アップサンプリング装置とアップサンプリング方法、及びそのプログラム, 2012年03月16日
  • 2012年, 音響再生装置及び音響再生方法, 2012年03月16日
  • 2012年, 音響再生装置及び音響再生方法, 2012年03月16日
  • 2012年, 距離測定装置、距離測定方法、距離測定プログラム、および記録媒体, 2012年03月30日
  • 2012年, 収音装置、収音方法、そのプログラム、その記録媒体, 2012年04月13日
  • 2012年, 収音装置、収音方法及び収音プログラム, 2012年06月22日
  • 2012年, 収音装置、収音方法、収音プログラム、記録媒体, 2012年08月10日
  • 2012年, 2012年08月17日
  • 2012年, 直間比推定装置、音源距離測定装置、雑音除去装置、各装置の方法と、装置プログラム, 2012年09月07日
  • 2012年, 雑音除去装置、遠近判定装置と、各装置の方法と、装置プログラム, 2012年11月30日
  • 2012年, 音響信号送信装置、音響信号受信装置、音響信号送信方法、音響信号受信方法及びそのプログラム, 2012年12月07日
  • 2012年, 音響再生装置, 2012年12月28日
  • 2013年, 反射音情報推定装置、反射音情報推定方法、プログラム, 2013年01月11日
  • 2013年, 音声取得装置, 2013年01月11日
  • 2013年, アップダウンサンプリング装置とアップダウンサンプリング方法、及びそのプログラム, 2013年02月08日
  • 2013年, 反射音情報推定装置、反射音情報推定方法、プログラム, 2013年03月08日
  • 2013年, 位置推定装置、その方法、そのプログラム、およびその記録媒体, 2013年03月22日
  • 2013年, 電話会議装置, 2013年03月22日
  • 2013年, 発話向き推定装置、方法及びプログラム, 2013年04月05日
  • 2013年, 発話向き推定装置、方法及びプログラム, 2013年04月05日
  • 2013年, 発話正面・横向き推定装置、方法及びプログラム, 2013年04月05日
  • 2013年, 発話向き推定装置、方法及びプログラム, 2013年04月05日
  • 2013年, 反射音情報推定装置、反射音情報推定方法、プログラム, 2013年06月07日
  • 2013年, 音響再生装置, 2013年07月26日
  • 2013年, フィルタ設計における反射物の配置決定方法、装置、プログラム, 2013年08月09日
  • 2013年, 局所再生方法、局所再生装置及びそのプログラム, 2013年08月16日
  • 2013年, 音場収音再生装置、方法及びプログラム, 2013年08月23日
  • 2013年, 音場収音再生装置、方法及びプログラム, 2013年08月23日
  • 2013年, ズームマイク装置, 2013年10月25日
  • 2013年, 局所再生システム, 2013年11月22日
  • 2013年, 音源信号抽出装置、方法及びプログラム, 2013年12月27日
  • 2014年, 局所再生装置とその方法と、プログラム, 2014年01月17日
  • 2014年, 局所再生装置とフィルタ係数決定装置とそれらの方法と、プログラム, 2014年01月17日
  • 2014年, 狭指向音声再生処理方法、装置、プログラム, 2014年02月28日
  • 2014年, 音声スポット再生処理方法、装置、プログラム, 2014年02月28日
  • 2014年, 音声強調方法、装置、プログラム、記録媒体, 2014年02月28日
  • 2014年, 音響再生装置とその方法とプログラム, 2014年03月14日
  • 2014年, フィルタ係数決定装置と局所再生装置とそれらの方法とプログラム, 2014年03月28日
  • 2014年, 音声取得装置, 2014年04月04日
  • 2014年, 音場収音再生装置、方法及びプログラム, 2014年04月04日
  • 2014年, インパルス応答測定装置, 2014年04月25日
  • 2014年, 音源定位方法、音源定位装置、及びプログラム, 2014年07月25日
  • 2014年, 音場収音再生装置、方法及びプログラム, 2014年07月25日
  • 2014年, フィルタ係数決定装置、局所再生装置、フィルタ係数決定方法、及びプログラム, 2014年08月15日
  • 2014年, 音場収音再生装置、方法及びプログラム, 2014年08月29日

受賞

  • 佐藤論文賞, 日本音響学会, 1991年03月
  • ヒューマンコミュニケーション賞, 電子情報通信学会HCG, 2005年03月

主要所属学会名

  • 電子情報通信学会
  • 日本音響学会
  • 米国電気電子技術者学会
  • 米国音響学会
  • オーディオエンジニアリング学会

科学研究費補助金-課題

  • 補聴システムの高性能化に向けた話者移動に頑健な残響抑圧処理の研究, 2013年度~2015年度, 代表

共同研究・受託研究等-共同研究・受託研究等

  • 2012, 多チャンネルマイクロホン・スピーカ特性の計測技術の調査研究


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.