詳細検索はこちら

田中 圭たなか けい

所属部署名理工学部
職名准教授
 

教員情報

所属等

    理工学部准教授

氏名

    田中 圭, たなか けい

取得学位(1)

  • 博士(工学), 九州大学, 2009年03月

連絡先等

    大分県大分市旦野原700, keioita-u.ac.jp, http://www.arch.oita-u.ac.jp/a-kou/moku/index.cgi

教育の業績

授業担当実績

  • 2004年, 建築ワークショップ
  • 2004年, 情報処理入門
  • 2004年, 介護等体験
  • 2004年, 教育実習,福祉実習
  • 2004年, 工場見学などへの引率
  • 2005年, 建築ワークショップ
  • 2005年, 情報処理入門
  • 2005年, 介護等体験
  • 2005年, 教育実習,福祉実習
  • 2005年, 工場見学などへの引率
  • 2006年, 建築ワークショップ
  • 2006年, 情報処理入門
  • 2006年, 介護等体験
  • 2006年, 教育実習,福祉実習
  • 2006年, 工場見学などへの引率
  • 2007年, 建築ワークショップ
  • 2007年, 建築総論
  • 2007年, 建築構造工学
  • 2007年, 教育実習,福祉実習
  • 2007年, 工場見学などへの引率
  • 2008年, 建築ワークショップ
  • 2008年, 情報処理入門
  • 2008年, 介護等体験
  • 2008年, 教育実習,福祉実習
  • 2008年, 工場見学などへの引率
  • 2009年, 学部, 建築ワークショップ
  • 2009年, 学部, 建築総論
  • 2010年, 学部, 建築総論
  • 2010年, 学部, 工業英語(建築)
  • 2010年, 学部, 建築ワークショップ
  • 2011年, 学部, 建築ワークショップ
  • 2011年, 学部, 建築総論
  • 2011年, 学部, 木質構造
  • 2011年, 学部, 建築構造工学
  • 2012年, 学部, 建築ワークショップ
  • 2012年, 学部, 建築総論
  • 2012年, 学部, 建築構造工学
  • 2012年, 学部, 木質構造
  • 2013年, 学部, 建築構造工学
  • 2014年, 学部, 建築構造工学
  • 2015年, 学部, 建築構法
  • 2015年, 学部, 建築構造工学

研究の業績

研究分野

    建築構造学 木質構造学

研究内容キーワード

    木材,竹,スギ,耐震補強

研究課題

  • ①木造校舎の利用法と構造安全性に関する研究(Study on Utilization and Structural Safety of wooden Schoolhouse), 少子化や過疎化の影響で使用可能な状態にもかかわらず取り壊される木造校舎が後を絶たない。一方でそのすばらしい教育環境と地球環境への配慮などから,木造校舎が見直され始めている。そこで,現存する木造校舎の利用状況や構造の調査を行い,その耐震安全性・補強法の検討や別用途への再利用のための課題抽出などを行っている。, 2000年
  • ②スギ材を用いた木質材料の建築への利用に関する研究(Study on Building Uses of Engineered wood composed of SUGI Lumber), 小径スギ材の余剰が問題となって久しいが,これまでに林業サイドの努力により,その集成化やパネル化の技術が開発されてきている。そこで,その技術によって生まれたさまざまな木質材料を,建築材料として有効に利用するため,新たな利用技術や工法の開発を行うとともに,実際に建築物に利用した際の強度性能を把握する実験等を行っている。, 2000年
  • 竹材の建築構造へ利用法の開発, 植物系材料としては驚異的な強度・剛性と3年で使用可能となる成長の早さを 併せ持ち、大分県が全国一の生産量を誇る竹材を、建築構造用の材料、接合具として活用する方法を 開発している, 2000年

論文等

  • 2004年, 学外組織, Moment Resisting Performance of Connection Between Reinforced Concrete and Timber, Proceedings of the 8th World Conference on Timber Engineering, 2004年
  • 2004年, 学外組織, Development of Connecting Method for Natural Round Bamboo, Proceedings of the 8th World Conference on Timber Engineering, 2004年
  • 2004年, 学外組織, Development of Ner Recycle System of Used Lumber from Dismantled Wooden House, Proceedings of the 8th World Conference on Timber Engineering, 2004年
  • 2005年, 学外組織, Moment Resisting Performance of Connection Between Reinforced Concrete and Timber, Proceedings of the 8th World Conference on Timber Engineering, 2004年
  • 2005年, 学外組織, Development of Connecting Method for Natural Round Bamboo, Proceedings of the 8th World Conference on Timber Engineering, 2004年
  • 2005年, 学外組織, Development of Ner Recycle System of Used Lumber from Dismantled Wooden House, Proceedings of the 8th World Conference on Timber Engineering, 2004年
  • 2006年, 学外組織, Development of Bamboo Connector Strengthened by Densified Technique, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2006, 2006年
  • 2006年, 学外組織, Study on Reinforcement around Bolt Hole at Fastener Joint in Timber Structure, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2006, 2006年
  • 2006年, 学外組織, Introduction to JAPAN Pavilion NAGAKUTE in EXPO 2005 AICHI JAPAN -Bamboo Connector and Various Eco-friendly Technologies-, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2006, 2006年
  • 2006年, Wood or Bamboo Made Shear Plate and Bolt for Timber Structure, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2006, 2006年
  • 2007年, 学外組織, REINFORCEMENT USING BAMBOO BOARD AND ROD AROUND BOLT HOLE AT FASTENER JOINT IN TIMBER STRUCTURE, Proceedings of International Conference on Modarn Bamboo Structures 2007, 2007年
  • 2007年, 学外組織, APPLICATION OF BAMBOO CONNECTOR TO TIMBER STRUCTURE -Introduction of Construction and Dismantlement of Japanese Government Pavilion NAGAKUTE in EXPO 2005 AICHI JAPAN-, Proceedings of International Conference on Modarn Bamboo Structures 2007, 2007年
  • 2007年, 学外組織, 木質構造用竹製接合具を用いた接合部の強度性能, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2006, 2008年
  • 2008年, 学外組織, Modelling of failure Machanisms of locally reinforced timber fasteners, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2008, 2008年
  • 2008年, 学外組織, Full-Scale Test and Analysis on Wooden Made Shear Plate for Timber Structute, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2008, 2008年
  • 2008年, 学外組織, Full-Scale Test and Analysis on Wooden Made Shear Plate for Timber Structute, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2008, 2008年
  • 2008年, 学外組織, Structural Behavior of Joint with wood or Bamboo Shear Plate, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2008, 2008年
  • 2008年, 学外組織, Development of BambooConnector Using Bamboo Stick for Timber Structure -Strength Performance of Joint with Densified Bamboo Connector Using Bamboo Stick-, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2008, 2008年
  • 2008年, 学内単一組織, Development of Seismic Strengthening Method by Wooden Panels for Existing Wooden House, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2008, 2008年
  • 2008年, 学外組織, 竹材を用いた木質構造用接合具の開発 -竹コネクターの耐久性及び使用事例-, 都市・建築学研究(九州大学大学院人間環境学研究院紀要), 2008年
  • 2008年, 学外組織, 圧密加工技術を用いた木質構造用竹製接合具の強度性能向上, 日本建築学会構造系論文集, 2008年
  • 2009年, 学外組織, 圧密スギの強度特性, 九州森林研究, 2009年
  • 2010年, 学外組織, STUDY ON STRENGTH MECHANISM OF JOINT SYSTEM COMPOSED OF METAL CONNECTOR AND ADHESIVE, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2010, 2010年
  • 2010年, 学内単一組織, DEVELOPMENT OF NEW SEISMIC RETROFIT UNIT FOR TRADITIONAL JAPANESE STYLE ROOM IN EXISTING, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2011, 2010年
  • 2010年, 学外組織, STRENGTH PROPERTY OF DENSIFIED SUGI ADOPTED AS MATERIAL OF CONNECTOR, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2012, 2010年
  • 2010年, 学内単一組織, DEVELOPMENT OF SIMPLIFIED CONSTRUCTION METHOD USING SUGI LAMINATED PANEL, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2013, 2010年
  • 2010年, 学外組織, 集成材の繊維直交方向に挿入したGIR接合具の引抜耐力算定法の提案, 構造工学論文集, 2010年
  • 2011年, 学内単一組織, Strength Properties of GIR Joint System Subject to Bending and Tension, Proceedings of the Sixth Joint Seminar 2011 of China-Korea-Japan on Wood Quality and Utilization of Domestic Species, 2011年
  • 2011年, 学内単一組織, Propose of Simplified Construction Method Using SUGI Laminated Panel -Relationship between Wall Lengths and Strength Performance-, Proceedings of the Sixth Joint Seminar 2012 of China-Korea-Japan on Wood Quality and Utilization of Domestic Species, 2011年
  • 2011年, 学外組織, Study on Calculating Method for Pull-out Strength of Glued-in Rod Connector Embedded in Perpendicular to the Grain in Glulam, Proceedings of the Sixth Joint Seminar 2013 of China-Korea-Japan on Wood Quality and Utilization of Domestic Species, 2011年
  • 2011年, 学外組織, 集成材の繊維直交方向に挿入したGIR接合部の割裂耐力推定法の提案, 構造工学論文集, 2012年
  • 2012年, 学内単一組織, 格子状の厚物合板を用いた簡易耐震補強方法の開発, 日本建築学会技術報告集, 2012年
  • 2012年, 学内単一組織, STUDY ON JOINT PROPERTY OF GIR JOINT SYSTEM SUBJECTED TO BENDING AND TENSILE FORCE, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2012, 2012年
  • 2012年, 学外組織, PROPOSAL OF CALCULATION METHOD FOR PULL-OUT STRENGTH OF GLUED-IN ROD CONNECTOR EMBEDDED IN PERPENDICULAR TO THE GRAIN IN GLULAM, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2013, 2012年
  • 2012年, 学外組織, PROPOSE OF DECAY-ACCELERATION METHOD FOR REAL SIZE COLUMN-SILL JOINT AND EVALUATION OF STRENGTH PROPERTIES, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2014, 2012年
  • 2012年, 学内単一組織, SEISMIC RETROFIT METHOD FOR EXISTING WOODEN HOUSES WITH LATTICE BEARING WALL USING THICK PLYWOOD, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2015, 2012年
  • 2013年, 学外組織, 生物劣化を受けた木材の曲げおよび圧縮強度特性とその劣化評価, 材料(日本材料学会), 2013年
  • 2013年, 学外組織, 繊維直交方向荷重を受ける格子配置したボルト接合の破壊性状に関する実験的研究, 日本建築学会技術報告集, 2013年
  • 2013年, 学外組織, 劣化したボンゴシ材の曲げ強度と面圧強度に関する検討, 構造工学論文集, 2014年
  • 2014年, 学外組織, 腐朽したスギ材に打込まれた釘の一面せん断耐力の推定, 材料(日本材料学会), 2014年
  • 2014年, 学外組織, AN EXPERIMENTAL STUDY ON THE DUCTILITY OF BOLTED CONNECTIONS LOADED PERPENDICULAR TO THE GRAIN, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2014, 2014年
  • 2014年, 学内単一組織, DEVELOPMENT OF CONNECTING METHOD FOR TIMBER STRUCTURE USING EXPANDING DENSIFIED WOOD -APPLICATION TO KEYED MORTISE AND TENON CONNECTION WITH DENSIFIED WOOD, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2014, 2014年
  • 2014年, 学外組織, PULL-OUT STENGTH OF GLUED-IN ROD JOINT FROM LVL, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2014, 2014年
  • 2014年, 学外組織, SEISMIC PERFORMANCE OF WOODEN HOUSE WETTED BY RAINFALL OR SUBMERGING IN WATER, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2014, 2014年
  • 2014年, 学外組織, SEISMIC ASSESSMENT OF WOODEN HOUSES FOR TEPHRA FALLS OF KIRISHIMA MOUNTAIN (SHINMOEDAKE) IN SOUTHERN KYUSYU, JAPAN, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2014, 2014年
  • 2014年, 学外組織, ESTIMATION OF SHEAR STRENGTH OF NAIL DRIVEN INTO DECAYED WOOD, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2014, 2014年
  • 2015年, 学外組織, Effect of Moisture Contents on Strength Properties of Nailed wooden Joint, International Symposium on Wood Science and Technology 2015, 2015年
  • 2015年, 学外組織, Effect of Termite Attack on Single Shear Strength of Wood Screwed Joint, International Symposium on Wood Science and Technology 2015, 2015年
  • 2016年, 学外組織, 木材の含水率が釘の接合性能に及ぼす影響, 材料(日本材料学会), 2016年
  • 2016年, 学外組織, シロアリ食害を受けた木材に打ち込まれた木ねじ接合部の残存耐力に関する研究、, 日本建築学会構造系論文集, 2016年
  • 2016年, 学外組織, DEVELOPMENT OF GLULAM COLUMN-RC BASE CONNECTION SYSTEM FOR MULTI-STORIES LARGE-SCALE TIMBER BUILDING, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2016, 2016年
  • 2016年, 学外組織, 低輻射加熱を受けた木材の燃焼性能および強度性能-体育館等の梁の木造化促進のための基礎的研究, 日本建築学会構造系論文集, 2016年
  • 2016年, 学外組織, Estimation of single shear strength of screwed joint after termite attack,, Proceedings of World Conference on Timber Engineering 2016, 2016年
  • 2017年, 学外組織, Residual Single Shear Performance of Nailed Joint to Plywood with Compulsion Decay Method, Proceedings of The 2nd Asia Research Node Symposium, 2017年
  • 2017年, 学外組織, Residual Strength Performance of Shear Resisting Walls with Partial Decay at Wall Legs, Proceedings of The 3nd Asia Research Node Symposium, 2017年
  • 2018年, 学外組織, 限界耐力計算を用いた茅葺古民家の耐震性能評価及び耐震補強計画案に関する考察, 歴史都市防災論文集, 2018年
  • 2018年, 学外組織, Residual Strength of Shear Resisting Walls with Partial Decay at Wall Legs, Proceedings of the World Conference on Timber Engineering 2018, 2018年
  • 2018年, 学外組織, PULL-OUT AND MOMENT RESISTING TEST OF GLUED-IN ROD JOINT USING TOUGHNESS METAL CONNECTOR, Proceedings of the World Conference on Timber Engineering 2018, 2018年
  • 2018年, 学外組織, DAMAGE REPORT OF WOODEN BUILDINGS IN MASHIKI TOWN CAUSED BY THE 2016 KUMAMOTO EARTHQUAKE, Proceedings of the World Conference on Timber Engineering 2018, 2018年
  • 2019年, 学外組織, 構造工学論文集, 2019年
  • 2019年, 学外組織, 日本地震工学会論文集, 2019年
  • 2019年, 学外組織, J. of Performance of Constructed Facilities, 2019年

著書等

  • 2010年, 学外組織, 木質構造基礎理論, 日本建築学会, 2010年, 12月, 共著
  • 2010年, 学外組織, 大分県版スギ横架材スパン表, 大分県, 2010年, 11月, その他
  • 2011年, 学外組織, 最新データによる木材・木造住宅のQ&A, 木構造振興株式会社, 2011年, 02月, 共著
  • 2012年, 学外組織, 新・木質構造建築読本 ティンバーエンジニアリングの実践と展開, 井上書院, 2012年, 06月, 共著
  • 2018年, 学外組織, 2016年熊本地震災害調査報告, 日本建築学会, 2018年, 6月, 共著

工業所有権等

  • 2008年, 竹製圧縮材、その製造方法及び製造装置, 2008年03月28日

受賞

  • 木材加工技術賞, 日本木材加工技術協会, 2005年,1月
  • 木質材料・木質構造技術研究基金第2部門賞(大熊幹章賞, 木質材料・木質構造技術研究基金, 2014年.1月

主要所属学会名

  • 日本建築学会
  • 日本木材学会
  • 木質構造研究会
  • 日本森林学会
  • 日本木材加工技術協会

科学研究費補助金-課題

  • 現存する木造校舎建築の構造安全性調査と耐震補強法, 平成13年度~14年度, 代表
  • 木造住宅解体木材のリサイクル・リユース促進のための古材流通ネットワークの構築, 平成15年度~16年度, 代表
  • 建物解体材の再利用を視野に入れた木造建物接合部の創製, 平成17年度~19年度, 分担
  • 木質材料の圧密加工により発現する復元特性のスマート制御技術とその利用, 平成24年度~25年度, 分担
  • 接着剤と棒状接合具を併用した高剛性木質構造接合法の設計法の構築と 基礎資料収集, 平成22年度~23年度, 代表
  • 津波や豪雨により長時間浸水した木造住宅の耐震安全性, 平成25年度~27年度, 代表

科学研究費補助金-課題(10年)

  • 代表
  • 代表
  • 分担

共同研究・受託研究等-共同研究・受託研究等

  • 2004, 竹接合具の性能向上技術
  • 2004, スギ板材の建築部材への有効利用技術
  • 2005, 竹接合具の性能向上技術
  • 2005, スギ板材の建築部材への有効利用技術
  • 2006, 九州産スギ材を用いた立体トラス構造の開発
  • 2007, 中品質解体廃木材を有効利用した厚板耐力壁ユニットの開発
  • 2007, 木質系建築部材の再資源化率向上をめざした高性能木質接合具の開発
  • 2007, 圧密技術を利用した環境配慮型竹製接合具の開発
  • 2007, DIYで施工できる建具型耐震補強パネルの開発
  • 2007, 木質構造研究に関する研究助成
  • 2008, GFRPを用いた木造住宅の耐震性補強方法の開発
  • 2008, 県産スギ材による簡易ハウスの開発
  • 2008, 中品質解体廃木材を有効利用した厚板耐力壁ユニットの開発
  • 2009, 県産スギ材による簡易ハウスの開発
  • 2009, 大分県産スギ3層パネル床工法の開発
  • 2009, 長期優良住宅に対応する壁内点検が可能な脱着式面材耐力壁システム
  • 2010, 長期優良住宅に対応したスギ床構法の床倍率評価
  • 2010, 県産スギ材による簡易ハウスの開発
  • 2012, 「木材利用促進法」に対応した県産スギ大断面構造材に関する研究

研究助成

  • 2008, 地域貢献特別支援事業「地域生活環境改善に関する技術開発」2002,2003,文部科学省 平成13年度 新事業創出研究開発事業「竹製接合具の開発とその性能評価及び量産化技術の確立」,大分県産業創造機構
  • 2009, 地域貢献特別支援事業「地域生活環境改善に関する技術開発」2002,2003,文部科学省 平成13年度 新事業創出研究開発事業「竹製接合具の開発とその性能評価及び量産化技術の確立」,大分県産業創造機構
  • 2009, トステム財団研究助成

社会貢献の業績

社会的活動等

  • 2008, 大分県木造建築研究会事務局
  • 2008, 伸木会 幹事
  • 2009, 大分県木造建築研究会事務局
  • 2009, 伸木会 幹事
  • 2010, 大分県木造建築研究会事務局
  • 2010, 伸木会 幹事
  • 2011, 大分県木造建築研究会事務局
  • 2011, 伸木会 幹事
  • 2012, 大分県木造建築研究会事務局
  • 2012, 伸木会 幹事

国際研究プロジェクト

  • 2008, 「木質構造におけるファスナー接合の周辺補強による接合性能向上」英国ブライトン大学
  • 2009, ラオス国立大学との共同研究プロジェクト


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.